2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2007年9月23日 - 2007年9月29日 | トップページ | 2007年10月7日 - 2007年10月13日 »

2007年10月 3日 (水)

最近のあちし2

最近のあちしは、DOLを9割、PSUを1割プレイしている感じです。

まずはPSUに関してですが、イルミナスが導入された事ですし、折角なので新髪型や新ボディにしてみました。髪形はいい感じのが増えてなかなかよかったのですが、新ボディは1種類しか実装されていませんでした。

オフラインモードをプレイしている知人のレポを見る限り、今回もソニチは新要素を小出ししているようです。前回の失敗に懲りていないのでしょうか?

あいかわらずマイルーム関係でトラブルを連発していますし、データのロールバックもあったようですし、やはりソニチは○さんがいないと駄目なのでしょうか?

Psu_201

延期延期でいつまでたってもワールド統合が実現されないですしね~

これではいつまでたってもワールド1の資産を2に持ってくることが出来ません。

ちなみに↓はワールド1のキャラです。殆どプレイしていませんが、ちょっといじってみました。こっちのがいい感じになったかも?

Psu_202

イルミナスをプレイしていて一番燃えたのがココ↓

結局、PSOという過去の名作の資産を利用しないともうこのゲームはダメっぽいです。

Psu_203

でも、このデロルレもどきもどうも攻撃パターンがイマイチ。延々と遠距離からチクチク攻撃してきます。デロルレのように、定期的にイカダに上陸してくることなんてありません。

まさに「ダメだこりゃ」です。

このPSUのつまらなさって、いったいなんなんでしょう?

グラフィックもPSOの時代と比べれば遥かに進化してますし、キャラメイクも非常に凝っています。PMシステムもいいと思いますし、SUVウェポンやナノブラストもいいと思います。進化はしませんが、マグもどきも追加されました。

マイルームはトラブル続きですが、そのコンセプトはいいと思います。これだけのいい要素があるのに、すぐに飽きてしまうPSUの最大の欠点ってなんなんでしょう・・・。

Psu_204

いろいろ考えたのですが、やはり鑑定システムが無いのと、ボス戦のつまらなさと、無駄に広いマップがそう思う原因なのかな?と私は考えています。

デロルレもどきを倒すと、カジノロビーに到着します。

Psu_205

カジノはなかなか楽しいのですが、やっぱりこれもすぐに飽きます。

しかしこのカジノのお姉さん・・・

Psu_206

非常にうまくキャラメイクされていると思います。

このキャラを真似してキャラメイクをしてみたのですが、顔のモデリングが違うのか、どうしても似せることが出来ませんでした。

どうやらNPCの専用モデルっぽいです。

Psu_207

とりあえず、とっととすべてのロボパーツと、エピソード3の配信ミッションを配信してください。そうじゃないともうやめちゃいそうです・・・。

★★★

さて、気をとりなおして、今度はDOLのお話。

DOLは相変わらずやれる事が多くて・・・いや多すぎて困りますw

今は亡き(解雇した)副官と一緒にサルベージをしたり~

D_025

3アカ目を取得し、引退させたPCを復活させ、3PCで艦隊を組んだり~

D_026

ころたんと巨大な葉集めをして~

D_027

髪染色料や帆染色料を作ったりしています。

プライベートファームでは、様々な染色料をつくることが出来ます。

ベニバナ10個+大きな葉30枚+湧き水20杯で、人気のカッパーレッドの髪染料を作れます。

ちなみに、ベニバナと大きな葉は採集で、湧き水はプライベートファームの水田開発でゲットできます。

↓はノーザンライトの髪染料を作っているところです。こちらはベニバナのかわりに、インド藍を使います。インド藍は確か、カリカットで普通に売られていたと思います。

D_028

ノーザンライトで染めるとこんな感じの色になります。

しかし未だに、マイアの髪色(深く濃い藍色だったかなあ?)の髪染料が見つかりません。

OBでは普通に売られていたんですけどね~

この色の染色料をゲットしない限り、髪の色を変えて気分転換をすることが出来なく困っています。

D_029

上記の髪染料は比較的作りやすいのですが、帆染料の材料を集めるのは大変です。

帆染料を1つ作るには、上質な染色料が20個必要なのですが、それは大きな葉30枚につき、1個か2個しか出来ません。

つまり、帆染料を1つ作るのに、大きな葉が最低300枚、最高600枚必要なわけです。(大体500枚くらいかな?)

大きな葉は今のところ、カリブや南米地域で採集をしないとゲットできません。しかも、それを600枚とか集めるにはかなりの時間と労力が必要です。

それでもなんとか、帆染料3を3つ作りました。ホントに大変でした(><

D_030

ちなみに帆染料3は、こんな感じのデザインを選べます。

D_031

夜は毎日、昼間の儲けや過去の資産を利用して、ころたんの交易レベル上げをしていました。

まずはグローブ・ナツメグ・メースを1樽ずつ持って、マラガ・バレンシア・パルマを巡り、相場がいい港と、相場がいい香辛料をみつけたら、PCショップや商会ショップから3PCで大量購入して、一気にころたんで投下!!

この3つの港は、イスパの領地(私はイスパ所属なので、イスパ領だと関税がかからない)な上、交易品に香辛料があるため、大量の香辛料を売っても、まず大暴落しません。(3PCで売りまくりましたが、この3つの港で香辛料が大暴落をしたことはありません)首都のセビリアだと、あっというまに暴落しますけどねw

↓は神相場のピーク。この後、少しすると相場が下がっていきます。

D_032

しかし、当時の香辛料のヨーロッパでの人気はすごいですね。

東南アジアでは1樽300~800くらいで買えるものが、ヨーロッパにもってくると↑のような価格になります。

香辛料1粒=砂金1粒と言われてただけのことはありますね~

« 2007年9月23日 - 2007年9月29日 | トップページ | 2007年10月7日 - 2007年10月13日 »