2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« がん津校長は露出狂(違 | トップページ | HDCP »

2008年5月 3日 (土)

オズマの携帯は印籠w

マクロスFの第5話、見終わりました。いや~ついつい続けて4回も見ちゃったw

今、午前4時40分ですhappy02

さて、今回のお話ですが、あちし的には大満足な出来でした。

マクロスの売りである戦闘が全く無かったですが、こういった日常や世界観をきっちり描くことって大事なんですよね。(そういったことが描かれることで、キャラクター達への思い入れが強くなる。)

「うわ~んcryingかっこいい戦闘が今回ないじゃんbearingつまんな~いgawk」ていう人はオコチャマと言わざるを得ません。

CG戦闘に予算や時間を食われなかった為なのか、前回の作画がイマイチだった余力が今回にまわってきたのかはわかりませんが、第5話の作画は非常に良かったです。

特に人物に関しては、第1話並みか、それ以上ではないでしょうか?作画に関しては今回は120点をつけちゃいます。

私は人物の作画の出来を、目や髪の塗りを中心に判断しています。↓のシェリルの目なんて、結構手が込んでますよね~

M001

↓は、初登場?のオズマの携帯電話です。なんと!印籠型の携帯ww これは笑いました。ランカの携帯はペットみたいな半生物チックなものですし、こういった小道具にも気を使っている作品だということがよくわかりますね。こういった生活感も大事だと思います。

M002

コンサート時のシェリルは、目や髪の色やメイクがコロコロかわるので、シェリル本来の顔がいままではちょっとわかりにくいところがありましたが、今回はシェリルのUPが非常に多く、また表情も豊かだったので、特徴がよくわかりました。

↓のSSを見てもわかるとおり、今回の作画は素晴らしいと思います。

M003

衝撃の登場!!巨大カバ牛w

M004

さらに衝撃の登場!!ゼントラディ農夫w

マクロスフロンティアが巨大な移民船な為なのか、ゼントラディ人がそのままのサイズで生活している地域があることが今回の話でわかりました。

M005_2

ゼントラディ人中心の市街区。とはいっても、ちゃんとマイクローン用(人間用)の歩道なども整備され、共存しています。↓は宇宙兄弟船ですww いや~こういった設定がいろいろ出てきて、今回はホントに面白かった。

マクロスの上っ面だけ見てる人にとっては戦闘が無くてつまらなかったかも知れませんが、マクロスの世界観に惚れ込んでいる私には、たまらない回でした。こういう回が、今後も何度かあったらいいなと思います。

M006_2

ランカとオズマの兄弟喧嘩に翻弄されるミハエル(ミシェル)君。後ろにはなんと、巨大クラン・クラン大尉が!?

マイクローン化すると、なぜかチビッコになってしまう、クラン・クラン大尉。そのチビッコ大尉を「遺伝子が不器用なんだよ!」とからかい、遊ぶミハエル君ですが、巨大な大尉はどうも苦手のようです。いや、それとも、ランカと一緒にいるのを見られたくなかったのかな?

前作のマクロスで言うところのマックスがミハエル、ミリアがクラン・クランなので、おそらくこの二人はくっつくと思うのですが、どういう展開でそうなるのか、今からかなり楽しみです。

M007

マクロスフロンティアの町や自然に感動したシェリル(シェリスは隣の船団マクロスギャラクシー出身。マクロスギャラクシーは、インプラントやサイボーグ化などが進んでいる船団のようです。自然を大事にしているフロンティアとはかなり違うみたい)

突然、インスピレーションが湧いたようです。売り物のメルトランディの下着に、曲を書き始めるシェリル↓ それを見て、呆れるアルト君とクラン・クラン。

M008

どうもシェリルとクランは考え方が似ていて、気が合うようです。

M009

そして第5話終盤。人前で歌うことが苦手なランカが、アルトが投げた紙飛行機を見て、歌いだします。この流れがなんかいい感じで好きでした。

M010

ランカの歌声にひかれ、周りにいたゼントラディ人のミュージシャン達が次々と演奏をしはじめ、いつしか野外ライブ状態に・・・

そこに通りかかった、シェリルとアルト君。ランカの歌手デビューを応援し、温かい目で見守っているシェリルはなんだかとても嬉しそうです。

M011

そしてどんどん盛り上がっていき

M012

最後はキラキラ☆ミ

でも・・・ランカが歌うと、かならず反応する、敵の生物兵器バジュラ・・・今のところ、ランカの歌声はミンメイとは逆で戦乱を呼びこんでいます。今後それがどう変化していくのか。なんとなく予想は付きますが、楽しみです(^^ 予想を裏切ってくれるといいなあ・・・。

M013

そして第5話のラスト・・・フロンティア近くに突然のデフォールド反応!!

マクロスギャラクシーがバジュラの大群に襲われているので、救援に来てほしいと助けを求める、ギャラクシーからの伝令の飛行機でした。

はたして、ギャラクシーの救援に向かうのか?そしてその救援は間に合うのか?1週間後、さよならコンサートをし、ギャラクシーに帰る予定だったシェリルの運命は!?

んー>< いい所で終わるなあ><

M014

第6話の予告には、戦闘シーンは無かったです。まさか、フロンティア政府はギャラクシーを見捨てるのか!? あと、予告編にシェリルのコンサートシーンがあったので、シェリルのコンサートが好きな人は乞うご期待!って感じでしょうか?happy01

★★★

そしてエンディング・・・。

M015

実は今回、町で流れていたシェリルの曲(=ランカが歌ったシェリルの曲)は第1話でちょこっとだけ流れていたので、新曲ではないのですが、今回はちゃんと長時間収録されているので、良かったです。

あと、一番下の宇宙兄弟船・・・あれも菅野さんなのねww ホント幅が広い人だなあww

★★★

さて、今回のおまけです。

現在のうちのリビングのAV機器まわりの写真です。

パナソニックの46型のプラズマハイビジョンTV(フルスペックじゃないのcrying)に、パナソニックとソニーのブルーレイHDDレコーダーを繋げています。

んで、ソニーのブルーレイHDDレコーダーとPSPをUSB接続して、いつもマクロスFをPSPにおでかけ転送して、持ち歩いています。

元々アニメが大好きですが、ホント、自分でも呆れてしまうほど、マクロスFに狂っています。ホント、昔からマクロスだけは特別なんですよね~

やっぱり子供の頃に初めて見た、マクロスの印象が強烈だったのかも知れないですね。

M016

あ~はやく5/8にならないかなあ・・・ダイアモンドクレバスをフルコーラスで、早く聴きたいよ(><

あ!ちなみに、今回使用した画像ですが、TV画面をデジタルカメラで撮影し、25%まで縮小しています。

かなり縮小している、画質も大幅に劣化してるし、静止が数コマだし、非営利の1ファンのブログということで、勘弁してくださいm(_ _)m

マクロスFを少しでもいい画像で見たいので、6月あたりにフルスペックハイビジョンの60型プラズマTVに手を出す予定です。。。

« がん津校長は露出狂(違 | トップページ | HDCP »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。