2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« つらい1週間 | トップページ | 副官船長いいな~ »

2009年8月 4日 (火)

不整脈と5日連続徹夜

不整脈・・・とだけ聞くと、脈のテンポがたまに狂うだけの病気のように聞こえますが、その中には致死的不整脈というものがあります。

入院している身内がいままさにこの致死的不整脈に悩まされ、すでに3回以上も三途の川を渡りかけています。

その他の病状は少しずつ改善に向かっているのですが、この不整脈が止まらない限り、退院どころか、生きることすらままならないのです。

この致死的不整脈は、心筋梗塞等で死んでしまった心筋が、たまに悪さをし、電気を発生し、その影響で心拍数がおかしくなるというものです。

通常、人間の心拍数は1分間に60~80回程度なのですが、致死的不整脈が発生すると、それが300回を越えたりします。

このような状況になると、心臓のポンプとしての機能が働かず、血圧が急低下。

体中の血が滞り、脳に供給される栄養や酸素も滞ります。

それにより、わずか数秒で人間は意識を失います。

そうなると後は、心臓マッサージや電気ショックをしないといけなくなります。

うまい人が心臓マッサージをすれば5分以上心拍が戻らなくても後遺症などを起こさずに済むようですが、下手な人だったりすると、3分以上心拍が戻らないと、脳に後遺症が残ってしまうようです。(また、骨がもろい人や、下手な人が心臓マッサージをしたり、回数を重ねると、肋骨が折れることもあります。)

また、こういった発作は回数を重ねれば重ねるほど、重くなっていく傾向にあり、うちの身内も「今度、不整脈が発生したら、おそらくもうダメでしょう」と言われました。

前回は7分も心拍が戻らなかったそうです・・・ただ、心臓マッサージをしてくれた看護士さんの腕がよく、後遺症はなかったようです。

うちの身内の場合、昼間は比較的元気なのですが、夜間になると、突然発生したりします。

ただ、精神的なものが影響しているのか、今のところ家族がいる時は、不整脈をおこしていないのです。

そんなわけでここ5日ほど、徹夜で付き添いをしました。

基本的に夜間が危ないので、夜が明ければ安心と思い、最初は朝の4時半くらいまで付き添いをしていたのですが、1回だけ、朝の5時半に不整脈を起こしました・・・。(←これが今までで最後の不整脈)

その後はなるべく朝の6時までいるようにしていますが、さすがに私も体力的に辛くなってきました・・・。

身内も医者も看護士さんも、これ以上、無理をして家族の方が体を壊してはいけないと、言ってくれたので、昨日1日は休ませてもらいました。

でもね・・・家にいても不安で眠れないのですよ。いつ病院から危篤を知らせる緊急の電話がかかってくるかと思うと・・・。(もう3回以上かかってきてます)

かといって、病院にいても、身内がちょっとでも苦しそうな声を出したり、苦しそうな息遣いになったり、うなされたりすると、その度にドキッとさせられ、こちらの神経が持ちません。

★★★

そんなわけで、ネトゲどころかPCにすら触る時間がありませんでした。(時間があってもそんな精神状態じゃない)

もう完全に出遅れたし、Aionはもういいかな?って思っています。

というか、今回の事で、リアルの時間を著しく無駄にするネトゲ自体、もういいかな?と思うようになりました。

今後、区切りがついてしばらくすれば気分が変わるかも知れませんが、今の状況では、ネトゲをプレイする気にはとても慣れないですし、そんな時間も体力も無い感じです。

« つらい1週間 | トップページ | 副官船長いいな~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。