2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 某熾烈な争いの明暗 | トップページ | 新しいPC環境 »

2009年11月12日 (木)

Secure Erase

SSDを新規に購入してきて使う場合はホトンド必要ないのですが、

新PCに前から使っているSSDを流用するなどの場合、SecureErase作業をしないといけない場合があります。

この作業をしないと、OSがSSDを認識してくれない場合があるのです!

というわけで~

私なりの中古SSDの活用術を書いておきますです。

●出来る限り、使用していた以前のPCでRAIDの解除や、Secure Eraceをしておく。

●OSをインストールし、ドライバーのインストールや、Windows updateなどを済ませる。

●SSDに入れる予定のアプリケーションも入れておく。

●仮想メモリがSSDに設定されていたら、HDDに設定するか、無しに設定する。

●SSDを手動でデフラグする。

Windows7ではSSDのオートデフラグは基本的にOFFになっています。デフラグはSSDの寿命を縮めるのでそのままの設定でいいのですが、OSやソフトのインストール後に1度だけデフラグすることをオススメします。

うちにある全く同じ環境の2台のPCの起動時間がかなり違ったので、遅い方をデフラグしたら、速い方とほぼ同じ速度にまで高速化しました。

●速度が遅くなってきたと思ったら、手動でデフラグをする。

●デフラグしても速度が戻らない場合は、SSDにある必要なデータを全てバックアップした後、Secure Eraseをすると、速度が復活する可能性があります。

こんな感じかな?

あ!ちなみにSecure Eraseは、HDDでいうところのLow Level Formatみたいなものです。

たぶんw

« 某熾烈な争いの明暗 | トップページ | 新しいPC環境 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。