2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »

2009年8月21日 (金)

折角だから赤い扉を・・・

最近、日記の流れがPC関連になっているので、久しぶりに私のPC環境でも公開しようと思います。

用途に対して、明らかにオーバースペックだったりするところもありますが、一応自分なりの理論という

か理由というか、いいわけみたいなものがあるので、参考にしてみて下さい。

◎メインPC(Aionの自動設定、MAXで通ります)

●CPU intel Core i7 Extreme 965

基本的にメインPCはINTELのCPUを選択しています。ただ、あまりにもINTELがAMDに遅れをとっている時は、メインPCにAMDのCPUを使う時があります。(Athlon64 vs Pentium4 時代など)

メインPCのCPUは、購入時に買えるハイエンドのものと決めていますが、一応上限は10万円以内にしています。あとは購入時の経済状態も関係してきます。

CPUの交換時期は、基本的にマザーボードのソケットの種類が変わった時です。CPUだけ交換することはまずありません。(まあ大体、ハイエンドのものを選んでいれば、ソケットが置き換わるまで使用していても、まず1線級を保っています。)

●RAM DDR3 2GBx6(12GB)

OSは64bitのものを使用しているので、3GBの壁はありません。

メモリを沢山載せている理由は、仮想メモリをカットする為です。仮想メモリをONにすると、やはり体感でかなりモタつきますからね~

あと、システムドライブにSSDを使用するようになったのも、仮想メモリをカットするようになった理由の1つです。頻繁にアクセスにいく仮想メモリはSSDと相性が悪い・・・というか、SSDの寿命を縮めそうなので。

まあ、仮想メモリをHDD側に設定すればいいんですけど、メモリはかなり安くなってますから、基本的に、目一杯積むことにしています。

●M/B Asus RampageII Extreme

intel X58チップセットのマザーボードです。

intelのチップセットの完成度は他メーカーの追随を許しません。AMDのCPUを使いたいけど、チップセットは絶対にintelがいいから、CPUもやむを得ずintelを使うという知り合いがいる位です。

私もintelのCPUを使うときは、絶対にintelのチップセットの載ったマザーボードを選んでいます。個人的にnVidiaのチップセットを使うなんてありえません(笑)過去に痛い目にあってますしね・・・。

マザーボードは過去に様々なメーカーのものを使ってきましたが、やはりAsusのものが一番満足度が高いです。最近はDFIもお気に入りですけどねん。

RampageIIを選んだのは、電源周りの設計に余裕があるからです。ハイエンドのCPUを使うと、必然的にCPUのTDP値があがるので、安定動作させるために、質の高いマザーボードを選ぶことにしています。

●VIDEO nVidia GeForceGTX285

ATiがAMDに買収されてからは、intel PCには、nVidiaのビデオカードを組み合わせています。

285を選んだのは、SLIやCrossFireにいい思い出が全くないからw

購入時、シングルで最速なものをチョイスしました。

PCゲームをやるなら、ビデオカードをケチってはなりません!!

●32GBのSSD 4つ

初期のプチフリ問題のあるSSDです。容量が小さい(32GB)のと、プチフリ対策の為に4台でRAIDさせています。

近々、INTEL製のSSD2台(80GBx2)に交換する予定です。(購入済)Windows7導入時に交換する予定です。

●Seagateの1TB HDD

データ用に使うドライブです。

●Blu-ray Drive

時代はコレ

◎セカンドPC(Aionの自動設定、MAXまであとチョットといったところです。恐らくビデオカードが若干のパワー不足だと思われます)

●CPU AMD PhenomIIx4 965BlackEdition

基本的にセカンドPCは、メインPCと違うメーカーのCPUを使っています。(主にAMD)

セカンドPCのCPUも、購入時に買えるハイエンドのものと決めていますが、上限はメインPCよりも低い感じです。あとは購入時の経済状態も関係してきます。

CPUの交換時期は、基本的にマザーボードのソケットの種類が変わった時ですが、最近はCPUだけの交換も結構します。(AMDのハイエンドCPUが安いから)

●RAM DDR3 2GBx4(8GB)

OSは64bitのものを使用しているので、3GBの壁はありません。

メモリを沢山載せている理由は、メインPCと同じです。

●M/B Asus CrosshairIII Formula

AMD 790FXチップセットのマザーボードです。

AMDのプラットフォームには、様々なメーカーのチップセットがありますが、やはり一番安定感があり、扱いやすいのは、純正のAMD製だと思います。

intel同様、AMDのチップセットがあるなら、nVidia、VIA、SiSのチップセットを使う必要は無いと思います(SLIをしたいなら別ですが)

CrosshairIII Formulaを選んだのは、RampageII同様、電源周りの設計に余裕があるからです。ハイエンドのCPUを使うと、必然的にCPUのTDP値があがるので、安定動作させるために、質の高いマザーボードを選ぶことにしています。

●VIDEO AMD(ATi) Radeon HD4870

ATiがAMDに買収されてからは、AMD PCには、AMD(ATi)のビデオカードを組み合わせています。Dragonプラットフォームって奴ですね。

HD4870は、購入当時Radeonのシングル最速でした。そろそろ新しいラデ出ないかな~?

●32GBのSSD 3つ

初期のプチフリ問題のあるSSDです。容量が小さい(32GB)のと、プチフリ対策の為に4台でRAIDさせていたのですが、マザーボードをCrosshairIII Formulaに変更した時に、SATA端子の数の制限により、3台に減少しました。

近々、INTEL製のSSD2台(80GBx2)に交換する予定です。(購入済)Windows7導入時に交換する予定です。

ホントはAMDのPCにintelのパーツを入れたくはないのですが、SSD市場の現状を知るとどうしてもねえ(^^;

●Seagateの1TB HDD

データ用に使うドライブです。

●Blu-ray Drive

時代はコレ

とりあえずメインとセカンドはこんな感じです。

サウンドカードは、それぞれマザーボードに付属しているアドオンカードで済ませています。ケースは両方ともNineHundredです。

◎サードPC(Aionの自動設定、全体的にMAXまで9割位といったところ。テクスチャーはx2止まり、シェーダーはoffになるようです。でもMAXと大差ない位綺麗ですけどね(^^;)

●CPU intel Core i7 920

基本的にコストパフォーマンスの高いものを選択しています。上限は3万円位です。

●RAM DDR3 1GBx3(3GB)

32bitのOSを使用しているので、3GBしか載せていません。

●M/B DFI LP JR X58-T3H6

intel X58チップセットのmicroATXのマザーボードです。

DFIのマザーボードをはじめて使用しましたが、Asus並に導入しやすいマザーボードでした。今のところ非常に安定していますし、DFI気に入りました。

また、初めて購入したmicroATXのマザーボードです。

●VIDEO GeForce9800GTX

以前はRadeonHD4850をつけていましたが、ケースをタオのFITに変更してから、9800GTXに変更しました。やっぱりintel PCにはnVidiaが相性いいと個人的に思うので・・・。

●128GB SSD

Patriotの新型SSDであるTorqxシリーズの128GBモデルに変更しました。

コントローラーが変更され、キャッシュメモリも搭載された新型で、プチフリ問題が解決されているらしいです。

システムドライブとして使用しています。

●Seagateの1TB HDD

データ用に使うドライブです。

●Blu-ray Drive

時代はコレ

サウンドは、オンボです。

とりあえずこんな感じかな?

2009年8月19日 (水)

セカンドPCてこ入れ

サードPCのマイクロATXのケースを買い換えるつもりで、

PCパーツの通販サイトを見ていたら、霧鐘にセカンドPCにてこ入れをしたくなりました。

購入したものは以下の通り

ASUS CrosshairIII Formula(http://www.asus.co.jp/products.aspx?l1=3&l2=181&l3=896&l4=0&model=3063&modelmenu=1

AMD PhenomIIx4 965BE

Patriot DDR3-1333 2GB x4

こんな感じ。

ようやくAMDから、Core i7 920とベンチマークで同等?(個人的にAMDは体感が早いと思うので、体感を期待しています)なCPUが出たので、ついつい手を出してしまいました。

実は今使用しているセカンドPCのマザーボードのコイル鳴きが嫌だったのも、てこ入れをしたくなった理由の1つだったりします。

ちなみにメインPCはCore i7 965でRampageII Extremeです。

電源の質も大事ですが、最近はマザーボードの質も大事に思うあちしなのです。

早ければ明日には届くかな?

あとできればSSDも買い換えたかったけど、それはWindows7登場まで待とうと思っています。happy01

★★★ 8/20追加分

CrosshairIII いいですね~(*´Д`*)

上記のパーツにRadeonHD4870を加えて組みましたが、めっさ快適。

1発であっさりと問題なく立ち上がるし~ コイル鳴き皆無だし~

あーあと、CPUパワーが上がったのと、メモリ周りが早くなったお陰なのか、

Aionのグラフィック周りの自動設定もホトンドMAX状態になりました。

メインPCのようなMAX状態にはなりませんでしたが、HD4870でここまで上がるなら満足です。

2009年8月17日 (月)

生産で経験稼ぎ

Aionは、生産でも経験値が入り、キャラレベルがあがります。

生産で入る経験は、最初のうちは僅か100ちょっとですが、スキル値250で1000を越えるようになり、スキル値390になると、1980も入るようになります。

ちなみに、生産スキル0から399まで上げると、大体4.8Mほどの経験値になるようです。

●スキル値0~99までは、1回の製作依頼で8回の生産をします。

製作依頼は生産スキル10P毎により難しいものが提示されるので、より上位のものが提示され次第、そちらをやるようにします。

そのように依頼をクリアしていくと、大体100回で、スキルが99になります。

Lv29の時で経験バーの1コマ分埋まるか埋まらないか位しか稼げなかったので、この間に稼げる経験はおそらく200k~250k位だと思います。

●スキル値100~199までは、1回の製作依頼で12回の生産をします。

Lv29の時、経験バーが2コマ分位埋まったかな?というわけで、この間に稼げる経験はおそらく400k~500kだと思われます。

●スキル値200~299までは、1回の製作依頼で16回の生産をします。

この辺りから、生産の経験がウマくなってきます。

Lv29で大体経験バーの6コマくらい埋まるかな?なので、この間に稼げる経験はおそらく1.4M~1.5Mほどの稼ぎになると思います。

●スキル値300~399までは、1回の製作依頼で20回の生産をします。

生産経験激ウマです。

この間、Lv29で経験バーの11コマ半位稼ぐことが出来ます。大体2.7M前後になりますね。

ちなみにLv29からLv30にするのに必要な経験は4.75Mほどなので、生産を1つ、0から399にあげれば、レベルアップすることが出来ます。

(Lv29にあがりたてのチャントウイングと細工で確認しました)

★★★

ちなみに!!生産スキルが399になってカンスト(達人を目指す場合は別)していても、390Pの生産依頼をこなせば、いままで通り、1回の生産につき、経験が1980入ります。

生産スキルが上がらないので、もったいないですが、生産だけでレベルのカンストを目指すことも出来ないことはないです。

但し!!

生産依頼をこなすには、お金がかかることを忘れてはいけません!!

390Pの依頼では20回の生産をするので、全部成功すれば1980x20=39600の経験が入ります。下手なクエよりもよっぽど入りがいいのです。

但し!!390Pの依頼をこなすのに必要な材料代が大体9000~10000かかります。

そんなわけで~

仮に生産が1つ399のセカンドキャラを生産だけでレベリングするとなると・・・

レベル20からレベル21にするのに必要な経験値が約1Mなので、仮に全部生産が成功したとしても、250k位かかります。

レベル29からレベル30だと、必要な経験が4.75M位なので、仮に全部生産が成功したとしても1.14Mもかかります。

正確な経験テーブルをしらないので、正確にはわかりませんが、レベル20のキャラを390P生産依頼のみでレベル30まで上げるには、かなりのお金が必要そうです。

仮に必要な経験が全部で30Mほどだとすると、7.2Mほどのお金が必要になります。

さすがにこれはキツイ!?

と思ってしまいますが、生産依頼クエをクリアすると、毎回必ず報酬がもらえます。

普通のレシピだったり、レアレシピだったり、レジェンドレシピだったり、店売りでもそれなりの値段で売れる高価な材料だったり、安物の材料だったりします。

運が良ければ、それらの報酬で結構充当できるかも知れません。ひょっとしたら、生産6種の中で、生産レベリングをするのに一番適した生産なんてものもあるかも知れませんね。(390P生産の報酬がいいもの)

★★★

まあセカンドキャラ育成に於いて、個人的に1番バランスがいいと思われる方法は・・・

とりあえずクエを中心にレベリングする・・・そうすればレベル18位にはなると思います。

そしたら有り金はたいて、生産を1つ399まで上げる。(お金が足りなくなったら、狩りや儲けるための生産や、採集をがんばる!特に採集はいいですね!)

そうしているうちに、最初の壁のレベル18~20を突破していると思います。

あとは普通にクエをし、クエが無くなったら生産でレベリング。

レベルが上がったら、またクエをし、クエが無くなったら生産でレベリング。途中でお金がなくなったら、採集などでお金稼ぎ。

これなら飽きがこなくていいかな?なんて個人的に思います。

まあ、狩り好きな人なら、狩りばかりやってるのが時間的効率が一番いいんでしょうけどねw

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »