2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »

2009年10月24日 (土)

Windows7導入話 その2

1st PC と 2nd PC はその後安定して動作していたのですが、

3rd PC にWindows7を導入してから、再び微妙なトラブルが発生してしまいました。

まだ何が原因になっているかを特定できないのですが~・・・

3PCでGNO2をやっていると、ネットへの接続の調子が悪くなります。

切断はされないのですが、アクセスのレスポンスが非常に悪くなります。

ルーターのステータスのところにも赤いランプが点灯するし・・・。

でも1度、ルーターとハブの電源を落としてリセットすると、しばらくまた大丈夫なんですけどね。

考えられる原因は以下のような感じかなあ?

●GNO2が、Windows7の64bit版には正式に対応していないので、GNO2が原因。

●coregaのルーターがWindows7の前のものなので、ルーターが原因。

●ハブの1つが最近調子悪いので、それが足をひっぱっている。

●3台のPCのどれかのLANドライバーの出来がアホアホ。

●ていうか、Windows7の出来がまだまだ。

このどれかかな?なんて思っています。

とりあえずユーザーとしてやれることはやってみよう!と思い、先ほどネットで以下のものを注文しました。

http://buffalo.jp/products/catalog/item/b/bbr-4hg/

http://buffalo.jp/products/catalog/network/lsw4-gt-8ns/

すでに下のハブと同じものを使っているので、もう1つ追加購入し、調子の悪いハブと交換。

あと、ハブのメーカーとルーターのメーカーを合わせてみました。

一応、LANのドライバーは最新のものに変更し、まめにWindows Updateもチェックしています。

この症状がGNO2プレイ時だけならいいのですが、もしリネ2のようなネトゲをプレイしている時に発生したら、大幅なラグや頻繁な切断が発生しそうでちょっと怖いです。

ちなみに3台のPCのマザーボードは以下の通りです。(LANは3台ともオンボードのものを使っています。)

●ASUS RampageII Extreme(Marvell Yukon 88E8056 PCI-E Gigabit.....)

●ASUS CrosshairIII Formula(Realtek RTL8168C(P)/8111C(P) Family.....)

●DFI LanParty JR X58T3H6(Marvell Yukon 88E8053 PCI-E Gigabit.....)

ルーターとハブの交換だけで直ればいいんだけど・・・。

ドライバーの問題だったら解決に時間が少しかかりそうです。

GNO2のWindows7への対応問題だったら、GNO3が出るまで解決できないことになりそうです。

2009年10月23日 (金)

Windows7導入話 その1

いつもの通り、17時頃帰宅・・・(うちの会社は帰宅時間がちょっと早い)

17時半まで、ソファーでゴロゴロとのた打ち回って休憩。

17時半から、19時頃届くであろうWindows7の為、1stと2nd PCの配線をはずし、

蓋を開け、作業に邪魔なビデオカードをはずし、Vistaがインストールされている初期のSSDをはずし、intelのSSDを2台ずつ入れ、ついでにPCの中を掃除していると、インターホンが鳴りました!

飛脚さんがWindows7を運んできました!!

荷物を受け取り、再び作業に戻りました。

ビデオカードを装着しなおし、蓋を閉め、配線を装着!!

んで、起動テスト・・・

「ウガーーーーーーーーーーーーー!!」

これだからASUSの基盤上のシルク印刷は宛にならない・・・。

1st PCは、SATA1とSATA2がSSDで、SATA3がHDD、SATA4がBDと、シルク印刷の通り認識するのですが、

2nd PCは、SATA1と3がSSD、SATA2がHDD、SATA4がBDと、認識順が狂っていました。

「こういうの、めっちゃ気になるんだよー あちしはー!!」

というわけで、2nd PCの蓋を再び開け、配線を確認!!

「やっぱり、あちしの作業にミスは無かった!!」

どうも2nd PCのマザーボード(ASUS CrosshairIII)のシルク印刷には間違いがあるようで、

SATAの認識順が 【SATA1→SATA3→SATA2→SATA4→SATA5】になっているようでした。

そんなわけで、配線をしなおし、ついでにBDの配線を4から5に変更し、蓋を閉め、再び起動チェック!!

SATA1と2がSSD、SATA3がHDD、SATA5がBDになりました。

「うむ!余は満足じゃ!!」

以前はSATA1,2,3にSSDを繋げ、4にHDD、5にBDを繋いでいた為、基盤のシルク印刷と、BIOSのSATA機器の認識順が違っているのに気がつかなかったのです( #` ¬´#)プンスコ

と、ホッとしたところで夕食ターイム!!

今日はしゃぶしゃぶ~(≧∇≦)

豚肉と牛肉があったのですが、牛肉ばかり食べてしまった(*´Д`*)

そして、〆はうどん!!

味噌チャンコとかだと、ラーメンがいいけど、しゃぶしゃぶにはうどんがいいぬ(=゜ω゜)

★★★

食後、Windows7のインストール開始!!Σ(゚□゚(゚□゚*)オオオ!!

まずはSSDのRAID0を構築!

そして7のDVDから、インストーラーを起動!!

ここでトラブル発生!!(´・ω・`)

1st PCはちゃんとSSD RAIDを認識し、インストールを出来そうなのですが、なぜか2nd PCのSSD RAIDは認識されるものの、【このパーティーションにはインストールできません!】とインストールを拒否されてしまいます。

とりあえず2nd PCのインストールはここで中止し、1st PCの作業を進めました。

1st PCの方はなんの問題もなく、インストール終了。

「やっぱりこういうOSの移行時期とかはintel PCが安心だねえ」(*´Д`*)

な~んて思いつつ、再起動をしたところで問題発生!(#`皿´)ウキーッ

システムドライブにVistaのビの字も入っていないのに、なぜか起動時にOSを選択するメニュー(7 or Vista)があらわれてしまいます。ヽ(;´Д`)ノ

どうやらDATAドライブにつかっているHDDの中身に問題があるようです。

DATAドライブにはデータファイルしか入れてなく、Vistaのシステムファイルなんて入っていないんですけどね・・・。

ただ、フォーマットなどはVista上でやっているので、なんらかのVistaの情報がHDDに書き込まれていたのかも知れません。

当然SSDにもHDDにもVistaのシステムなんて入っていないのですから、Vistaを選択するとエラーが出てしまいます。

7を選択すれば問題なく立ち上がりますが、どうにも気持ち悪い・・・。

とりあえず事前に1st PCのデータを3rd PCのHDDにバックアップしておいたので、思い切って1st PCのHDDを7のインストール時に領域開放&フォーマットし、クリーンインストールをしなおすことにしました。

ついでに2nd PCのHDDも領域開放&フォーマットすることにしました。

★★★

そんなわけで、7のインストーラーで1st PCと2nd PCのHDDの(ついでにSSD RAIDも)領域を開放し、再度領域確保!そしてフォーマット!!

念の為にその後、1度再起動し、インストーラーを立ち上げなおしました。

すると、1st PCだけでなく2nd PCもインストールを進めることが出来るようになっていました。(※)

そんなわけで、インストールを続行!!

無事、両方のPCにWindows7を導入することに成功しました。

★★★ (※)について ★★★

2nd PCにWindows7をインストールできなかった原因を色々と考えてみました。

1:Vistaに使っていたHDDが接続されていると正常認識しない。

2:実は私のイージーミスが原因だった。

今から思うと、実は1が原因ではなく、2が原因のような気がしなくもありません。

というのも、2nd PCはAMDのシステムなので、SSDやHDDを認識させるドライバーを入れるために、途中、DVD-ROMを入れ替える必要があります。

どうもそのドライバーを入れてから、Windows7のDVD-ROMに入れ替えなおすのを忘れていたのが原因のような気がしなくもないのです。

そのせいでインストールが進まなかったのかも知れません。

ただ、もしそうなら【そのパーティーションにはインストールできません】というエラーメッセージもおかしいですし、【Windows7のDVD-ROMを入れ直してください】的なメッセージが出ないのも不思議です。

ひょっとしたら原因は、1と2のハイブリッドだったのかも知れません。

また、1st PCのVistaのカス問題も気になるところです。

まあ、SSD RAIDとHDDの領域をWindows7で確保しなおし、Windows7でフォーマットすれば問題が出ないようなので、もういいやって感じ。

問題の原因の検証はメンドイのでしません!w

やっぱり新OSは基本にのっとってインストールするのがいいみたいですね~

★★★

Windows7のインストール完了後、3rd PCから1st PCにバックアップデータを戻しました。それがやたらと時間がかかり、終了したのが午前3時(==;

その後、2nd PCのバックアップデータを3rd PCから戻す指示をしたところで就寝・・・。

朝起きたら作業が完了していました。

ようやく今日の帰宅後から、まともにWindows7を使い始めることが出来そうです。(^^

2009年10月22日 (木)

Windowsの歴史を振り返ってみよう!

今回のWindows7の名前の由来はどうも7番目に登場したWindowsだからみたいですね。

そんなわけで、過去のWindowsを振り返って数えてみたら・・・

1:Windows3.0/3.1

2:Windows95

3:Windows98

4:WindowsMe

5:Windows2000

6:WindowsXP

7:WindowsVista ・・・・・ あれ?7番目じゃないじゃん!!と思いましたが、

昔はデスクトップ向けの16bit Windowsと、サーバー向けの32bit WindowsNTに分かれていたんですよね。

んで、今生き残っているWindowsはNT系だったりするんですお!

その事を考慮すると~

1:Windows 3.0/3.1 と WindowsNT

2:Windows95

3:Windows98

4:WindowsMe と Windows2000

5:WindowsXP(ここでNT系1本に統合された)

6:WindowsVista

7:Windows7

うみゅ。確かに7番目だな・・・。

★★★ 過去をちょっと振り返ってみよう! ★★★

●Windows 3.0/3.1

当時は3DゲームがWindows上で動くようになるなんて思ってもいませんでした。

グラフィックカードも、ウィンドウズアクセラレーターと言われ、VGAと2Dのウィンドウズを快適に動かす為のアクセラレーションカードという感じでした。S3の968辺りが有名かな?あちしも使っていました(^^

いくつかのゲームがWindows上からの起動に対応していましたが、実際はMS-DOS上で動いていました。

MAC系のムービーゲームの移植版くらいかなあ?Windows上でまともに動いていたゲームって。

日本では、まだまだPC/AT互換機ではなく、NECやEPSONのPC-9801や9821系が主流でしたね。

あちしは、すでに自作PCを使っていましたが、あくまでもサブPCであって、メインに使っていたのは、やはり、PC-9821やPowerMacでした。

●Windows95,98,Me

95で搭載された(と思うw)DirectXのお陰で、Windows上で動くゲームが開発されるようになりました。その為、ゲームのプラットフォームOSが、MS-DOSからWindowsに移行していきました。

そして、PC/AT互換機でも、PC-9801系でも、動くゲームソフトが変わらなくなってきた為、割高なPC-9801系は急速に衰退していき、PC/AT互換機が台頭しました。

ゲームも2Dだけでなく3Dのものが出るようになり、ビデオカードに3Dのアクセラレーション機能が搭載されるようになったり、3DFXのVooDooのような追加型の3Dアクセラレーションカードなどが出て、かなりの人気をはくしました。

自作PCユーザーが急激に増えだしたのが丁度この頃(かもうちょい後)だと思います。

ちなみに、正直、95と98とMeの違いが私にはイマイチ分かりませんでしたw

私の中ではただのマイナーバージョンアップでした。

ただ、Meの不安定さはガチですっ!w

●Windows2000

2000は今でも愛用者がいるほどのいい出来のOSですよね~

軽くてしかもド安定。ちなみに2000はNT系の32bitOSです。

ただ、あくまでもサーバー用のNT系OSであり、別に主流の98やMeがあった為、最初のうちは、PCゲームに関しては、2000に対応していない物の方が多かったような気がします。

その後、Meと2000の出来(人気)の差や、時代の流れから、この辺りからWindowsを32bitのNT系に統一していこうという動きが出てきたと思います。

●WindowsXP

2系統あったWindowsが初めてXPで1つ(32bitNT系)に統一されました。

出た当初は、2000のマイナーバージョンUPのイメージしかありませんでした。

しかも初のアクチベーションが搭載されたOSでしたので、改悪なイメージが強かったです。

ただ、SP2あたりから、ホントにいいOSになったと思います。

後に64bit版のXPも出ました。

WindowsXPのお陰で、Windowsのゲームの32bit化が進んだと言えると思います。

●Windows Vista

発売当初から64bitと32bitをチョイスできるようになった初のWindows。

Windowの描画が、これまでの2Dから3Dになりました。(2Dモードもあるけど)

様々な新機軸を打ち出したOSでしたが、それだけに重くなり、不評。

UACがとにかくウザく、何をやるにもUACが邪魔をしました。

そんなUACがあるクセに、セキュリティが甘く、セキュリティホールがありまくりでした。

最近になって大分まともになりましたが、評判の悪いままWindows7が登場することに!

ある意味、32bitから64bit そして 2D描画から3D描画 への過渡期の実験的なOSと言えるかもしれないです。

今から思うとWindows7のα版と言えるかも知れない(お

ただ、Vistaや64bitXPのお陰で、ソフトの64bitOSの対応が進んだとも言えるかも知れません。

●Windows7

本格的に、皆が64bitOSに移行するだろうと言われているOSです。(32bit版もあります)

32bit Windowsの3GBのメモリ上限に限界を感じている人も増えてきたことですしね。

とうとう64bitOS時代の幕開けです!!

★★★

こんな感じかな?

2009年10月21日 (水)

気がつけば10月21日じゃん!

明日はWindows7の発売日ですね。

ということは、今日というか明日の0:00分に、秋葉原あたりでは深夜販売をやりそうですね。

Windows95の発売時は、秋葉原の深夜販売で購入したのを覚えています。

でも今回はすでにアマゾンで3本予約済み。

到着は23日以降になりそうだけど、週末までに届けば問題無しなのだ。

最近、Vistaがネットワークの起動失敗などを起こすようになってきたので、タイミング的に丁度いいかも。

いい加減、購入してあるintelのSSDに起動ドライブを変更したかったですしね。

とりあえず、1st PCと2nd PCの2台にいきなりインストールするつもり。

3rd PCは、それらでソフトの互換性をチェックしてからインストールする予定です。

今回のOSの移行を機に、家のPC環境を完全に64bit化する予定です。

32bitじゃないと動かないソフトをいくつか持っていますが、もういいや~って感じ。

« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »