2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« Zの鼓動 | トップページ | 第1クール第8週編成メモ(グリプス戦役第1週) »

2010年4月12日 (月)

また、パイロットについて考えてみた

ちょっと暇だったので、部下パイロットのスキル取得順を凝視し、

最低限必要なパイロットを考えてみました。

●NTカスタマイズ隊長

どんなフォーメーションにも対応出来、スキルの取得やレベルアップの速度を考えると、やっぱり圧倒的NO.1のパイロット。

●NTスナイパー

安全な距離4射撃をすることが得意。装甲貫通を覚えるので、どちらかというと連邦PC向け後衛射撃職。

●NTストライカー

安全な距離4射撃をすることが得意。盾封じを覚えるので、どちらかというとジオンPC向けだが、グリプス戦役以降は盾もちMSが増えるので、連邦PCでも、やはり1人は育てておきたいところです。

※)両方育てて、盾持ちが多い前衛を倒す時はストライカーに頑張ってもらって、後衛だけになったら、盾がほとんど発動しないので、スナイパーにがんばってもらう感じがいいのかも知れませんね。現状、2職にそれほどの差は感じませんが。

とにかく、この3人は鉄板ですね~

●NT(orタフネス)トルーパー

一番最初に回避向上と、回避強化を覚える部下パイロット。回避熟練はディフェンダーにわずか1コマだけ遅れて覚えるが、その時点での反応はディフェンダーより上。

盾防御スキルをほぼ覚えられないのが欠点だが、その代わりに回避機動を覚える。

敵が盾封じスキルをもっていても、壁としての能力が落ちないのが強みかも知れない。

また、現在防御の面で非常に有効な、切り払いを早く覚えるのも強みかも知れない。

※)ゲームの初期の壁パイロットとして使える。

※)盾封じスキルの事を考えると、ディフェンダーよりも安定していると言えるかもしれない。切り払いを覚えるのも非常に早いですしね~

※)今のところ、回避機動よりも盾防御の方が有効なバランスだが、MMOはアップデートでコロコロとバランスが変わるので、どちらも育成しておいた方がいいと思います。

●タフネス(orNT)ディフェンダー

初期はトルーパーに回避能力は負けますが、回避熟練は一番最初に覚えます。また、ごく初期に盾防御を覚えるのも強みかも知れません。

今のところ粘り強さでは、ディフェンダーの方が上のような気がします。

とにかく粘り強く削られていく職なので、NTよりもタフネスの方が強いかも知れません。

●NT(orエリート)イェーガー

距離2-4、特に距離3の命中率が一番高くなるのが早い職です。

壁2射2の編成だといりませんが、壁1射3や、壁2射3の時に非常に使いやすい職だと思います。

特に連邦のFAガンダムを2番手に置く攻撃フォーメーションの時のFAガンダム用パイロットにオススメです。

この先もし、FAアレックスが実装されたら、FAガンダムと同じような感じで使えるかもしれません。

また、攻撃的中衛としても使えるパイロットです。

距離2-4と得意距離が幅広いので、使える武器の攻撃レンジが幅広いMSを使う時にありがたいです。今のところそのようなMSはFAガンダムくらいですが、今後ガンキャノンやガンタンクが実装されたら、イェーガーが使いやすいかも知れません。

とくにガンキャノンには期待しています。

GNO2のような能力値だった場合、距離2のビームライフル、距離3-4のキャノン砲を有効に使え、HPも非常にあるので、FAガンダムが出るまでの代わりのMSになれる可能性があるからです。

とりあえず、以上の6職がオススメかな?

あと、コマンドがいると便利そうですが、今のところ私は殆ど使っていないんですよね・・・。バンナム的には、どうやら中衛という考え方をプレイヤーに押し付けたいようですが、GNOシリーズは中途半端な職は、間違いなく~

【攻撃がそこそこ当たり、そこそこ避ける職】

ではなく~

【攻撃が殆どあたらず、殆ど避けない職】

になりますからねw ク●フォーメーションでムリにでも使わせようとしてますけどねw

あ!そうそう!!

部下壁として、格闘系のトルーパーとディフェンダーをオススメし、射撃系のガーディアンやアサルトをオススメしないのには理由があります。

理由1:回避向上を覚えるのが、アサルトはトルーパーよりも1スキル分遅く、ガーディアンはディフェンダーよりも1スキル分遅ので、序盤に使いづらい。

理由2:回避強化を覚えるのが・・・同上w

理由3:切り払いを覚えるのが非常に遅く、恐らくクール終了までに覚えることが出来なそう。

理由4:視界強化を覚えるのが非常に遅い。

理由5:距離1-2の武器で射撃する時、なぜか必ず距離1が優先されるシステムだから。もし距離2が優先されるなら、低壁に使いやすくなるんですけどね(^^;

理由6:元々命中率は期待出来ない職なので、武器自体の命中率が高い格闘武器の方がダメージが期待出来そうだから。(射撃武器の数撃ちゃ当たるに期待してもいいのですが、当たっても命中回数が少なくて、ダメージが・・・(´・ω・`))

以上だす。

まとめると~

壁1射3:隊長・イェーガー・ストライカー・スナイパー

壁2射2:隊長・トルーパー(orディフェンダー)・ストライカー・スナイパー

壁1射4:この編成は個人的にありえないので無視。

壁2射3:隊長・トルーパー(orディフェンダー)・イェーガー・ストライカー・スナイパー

壁3射2:隊長・トルーパー・ディフェンダー・ストライカー・スナイパー まあこの編成もありえないかな?w

出来れば、NT覚醒率を上げたり、部下パイロットの成長を少しでも早める為、部下壁をいっその事、1人に絞ってしまいたいんですけどね~

トルーパーとディフェンダーは迷いますね~

個人的に初期の回避能力が一番高く、中盤以降の盾封じに影響されなく、常に反応の上昇が少し早く、先制強化等、壁に必要なスキルを優先して取得してくれるトルーパーに今は魅力を感じています。

とりあえず試しに、GP01(Fb)に、しばらくトルーパーを乗せてみるかなー( ̄ー ̄)ウーム

でもねぇ~

部下壁を使うのは、連邦的 且つ 私的には、初期と終盤なんですよね。

初期はおそらく陸戦型ガンダムと宇宙コマに乗せることになります。両方とも盾持ちMSなんですよね~

中盤はFAガンダムを入れた編成でひっぱるので、部下壁の出番無し。

終盤になって部下壁が使えるようになる頃には、エゥーゴだと、GP01やZが、

ティターンズだと、GP01やギャプランが出てますからね~

これらも全て盾持ちMSです。

搭載値が足りなくて百式を使う時くらいかな?盾無しMSを使うのって。

でも、百式を使うより、mkIIの方が低壁的には安定するようになっていくと思うし・・・。

そうなるとやっぱり連邦PCは、ディフェンダーをチョイスするべきなんでしょうね(^^;

やっぱりディフェンダーかな?

« Zの鼓動 | トップページ | 第1クール第8週編成メモ(グリプス戦役第1週) »