2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 前回で最後って書いたけど~ | トップページ | なるほろ! »

2010年5月24日 (月)

もうGNO3について書く気がなかったのに・・・

ジオン贔屓の中頑張ってる、連邦軍の人達に情報を流しちゃおう・・・。

Lv13の佐官なら、前線(宇宙)でそこそこいい勝率を収めることが出来そうです。

色々試行錯誤した結果、私が辿り着いたフォーメーションはコレ↓

Gno3_a001_2 

使用機体:ガンダム ガンダム ジムSC ジムSC

使用フォーメーション:高HP狙い

使用パーツ(1小隊):教コンIII 強化装甲II NICNシステムI 精密標準システムI

使用パーツ(2小隊):教コンI ルナチタニウム NICNシステムIV 精密標準システムIII

使用パーツ(3小隊):NICNシステムII 強化装甲I NICNシステムII 精密標準システムIII

使用パイロット:隊長(NT) ガーディアン(タフ) ストライカー(NT) スナイパー(NT)

これで結構勝てています。

この20戦で

1小隊が19勝1敗

2小隊も19勝1敗

3小隊が17勝3敗

最初は攻撃シフトにし、

ガンダム ガンタンク ガンダム ジムSC にしたのですが、

明らかに壁が力不足でした。また、ガンダムのバズーカの命中度が非常に悪かったので、ガンダムを前面に出すことにしました。

次も攻撃シフトで

ガンダム ガンダム ジムSC ジムSC にしてみました。

最初の編成よりマシでしたが、やはりまだ壁が力不足です。攻撃力は結構いいんですけどね。

そんなわけで今度は、高HP狙いで

ガンダム ガンダム ジムSC ジムSCにしました。

壁が非常に厚くなりました。特に、2番手のガンダムのガーディアンが思いの他いい感じ。

2番手のガンダムには、装甲UP系のパーツを装着しているのですが、更にフォーメーションボーナスで装甲が上がっています。

また、損害制御や盾防御や射撃強化スキルを取得しているのが凄くいいようです。

試しに、ディフェンダー(タフ)を乗せてみましたが、ガーディアンの方が被ダメが少ない感じです。射撃強化の射撃攻撃回避(防御?)の効果が意外といいのかも知れません。

高HP狙いだと、隊長はどんどん奥に行ってしまいますが、その隊長の代わりに、十分中央の壁として働いてくれます。隊長よりも生存率がいいかも知れません。

ただ、問題は弱MS狙いのSザクと、低HP狙いのアイナザクです。序盤にジムSCが頑張ってくれればいいのですが、片方のジムSCが落とされることはしょっちゅうです。

ただこちらも、隊長が敵の射撃機を攻撃しまくってくれるので、戦線がグチャグチャになり、あげくの果てにタイムオーバー勝利になることが結構あります。

(こちらはガンダム2機、向こうはザクが数機残る感じなのですが、HPの関係?で判定勝利することが多いです。)

2番手のガンダムの移動力は3のままの方が良いようです。普通の宇宙マップなら移動2でもいいのですが、暗礁宙域マップで移動2だと、あまりに移動速度が遅く、壁としてちゃんと機能せず、隊長の方に攻撃が集中しすぎて、隊長が序盤に撃墜されてしまう事があるからです。

とりあえずその後、基本フォーメーションもテストしましたが、私の3部隊では、高HP狙いの方が勝率がよかったです。

(変更後、2戦して、いきなり連敗した隊もありました。)

ただ、壁MSが2機横に並んでいるせいか、弱狙いや低HP狙いのMSを通しにくい感じはありました。

レベルが1個上がり、こちらの壁にもっと余裕が出来たら、基本フォーメーションの方がいいかも知れません。

●記事を書いてる間はこんな感じだったようです。

Gno3_a002

19勝1敗でした。

ちなみに2小隊は18勝2敗で、3小隊は16勝4敗でした。

うーん・・・この差はやっぱり、教コンですかね~?

3小隊の隊長はNICNシステムなので、4ターンで稼動限界が来ちゃいますからね~

うーん・・・GNO2勲章の方がいいのだろうか。。。

« 前回で最後って書いたけど~ | トップページ | なるほろ! »