2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 水冷PC(テスト機)とFF14 | トップページ | 水冷PC快調すぎ!! »

2010年9月29日 (水)

水冷PCほぼ完成!(+FF14でのビデオカードについて)

実は!!

前回の記事の水冷PCのテスト機ですが~・・・・・

Win7は快適に動作しましたが、なぜか3D関連ゲームで、3Dになると、画面がすぐにチラつきはじめ、ドライバーエラーが起こり、ゲームがハングアップ、若しくは強制終了してしまいます。

いろいろ原因を探りましたが、恐らくは、GTX460の2枚のうちのどちらかが壊れたのかと・・・。

SLIモードにしなくても同じような症状が起こるので、おそらくプライマリに使用しているGTX460が、組み立て時に破損したのだと思います。

ちょっと無理しちゃいましたからね~(´・ω・`)(詳しくは前回の記事を見てね!)

だがしか~し!

本番機に関しては、VGAの水枕はボルトオンであっさりと装着出来ましたし、CPUの水枕も取り付けが非常に簡単でいい感じなので、こちらはいけそうな気がします!

ホントは今週末にでも組もうかと思っていたのですが、テスト機が不甲斐ないことになってしまったので、急遽、本番機を組んでみることにしました。

というわけで、仮組み完了!!(。・x・)ゝ

(細かい作業工程は前回とほぼ同じなので、今回は省きますw)

クーラントを入れ、例の小型基盤を使い、マザボ類に電源を入れないで、数時間の流水テスト~↓

Wc20

流水テストの途中、パイピングをちょっと修正。

数時間しかテストしていませんが、水漏れ等がなかったので、配線をしっかりし直し、いざ、スイッチオン!!

「ポチッとな!」

今回はナント!!ラジエター2個です!!

某掲示板に、12cm角の2連のラジエターでは、GTX480のSLIとCPUの冷却には力不足というような事が書かれていたので、テスト機のラジエターをはずし、本番機に追加しました。これで、12cm角の2連ラジエターx2です!!

Wc21

ラジエター1は、HAF922の天板に取り付けた2連12cm角ファンを使って冷却しています。

これだけならいい感じに収まるのでありがたいのですが、爆熱GTX480SLIは、それを許してはくれないらしいので、前回同様、背面に、ラジエター2を吊り下げてあります。

Wc22

冷却水の流れは↓のような感じです。

【リザーバー+ポンプ】→【セカンダリのGTX480】→【SLI用の金属製の接続パイプ】→【プライマリのGTX480】→【CPU Xeon W3680】→【ラジエター1】→【ラジエター2】→【リザーバー+ポンプ】となっています。

Wc23

ポンプとリザーバーが邪魔なので、配線周りがゴチャゴチャするかと思っていましたが、思いのほかスッキリとまとまりました(*゜ー゜)

早速、MSIのアフターバーナーというソフトを使って、テスト~ヽ(゚ー゚* )ノ

画面解像度:2560x1600

FF14の画面モード:ウィンドウモード 1920x1200

FF14の画面OP:後半の3つのチェックボックスは全部OFF。それ以外は最重設定です。

Wc24

GPU温度に注目~!

↑の時点でFF14を開始してからまだ3分ほどなので、ちょっと参考にならないかも知れませんが、その後、数時間プレイしてみましたが、一番温度が高い時でも60度行きませんでした!!

ちなみに、純正の空冷ファンで、ファンの回転数をAutoにすると、GTX480は、アイドル時でも80度、FF14プレイ時は、なんと!90度を超えたりしますww(アフターバーナー読み)

それが今回水冷にしたことにより、アイドル時40度以下、FF14プレイ時大体53度~57度まで落ちました!!

やっぱり、本格的な水冷ユニットの効果って凄いですね!!

これなら爆熱・・・というか、馬鹿熱なGeForceGTX480のSLIも常用する気になれます!

まあ、水漏れによるPC破壊のリスクや、維持の手間、そしてコストを考えると、とても一般の方にはオススメすることは出来ませんけどね!(^^;

あ!FF14のSLIモードについてですが、ちょっと前に記事にしたと思いますが、↓のサイトの方法を使っています。

FF14のクライアントには、全く手をつけていないので、チートにはなりません!

http://ff14dousa.web.fc2.com/sli.htm

要するに~

GeForceのドライバーの中にある、SLI用のprofilesをテキスト文形式に取り出して(エクスポート)して~

そのテキスト文を編集し~

編集したテキスト文のprofilesを、ドライバーに戻してやる(インポート)わけです!

ちなみに追加するfile名は、【ffxivgame.exe】です。

この作業をすると、SLIが有効になります!(アフターバーナーを起動していれば手に取るようにわかりますw)

ちなみに!!

GeForceGTX480だと、殆どの場所で、【GPU1+GPU2】が100%を超えることはありません。

なのでぶっちゃけ、FF14には480のSLIはもったいないかも知れません。(あくまでも1920x1200という解像度でという条件ですが)

でもたまーに、150%位までいくことがあるので、一応SLIさせている意味はあるようです。

★★★

最後に、現時点で私がオススメするFF14向けのビデオカードは~

●とにかく性能重視な人向け(熱や音や値段にはこだわらない)

1位:GeForceGTX480(ウィンドウモードでもSLIが効くのがいいですね!)

2位:RadeonHD5870(ウィンドウモードでのCFがいらない人は480よりこっちがオススメ!)

3位:GeForceGTX470(やっぱりウィンドウモードのSLIが効くのがいい!)

4位:RadeonHD5850(トータルなコストパフォーマンスでは最高?)

※)一応順位をつけておりますが、FF14を1920x1200で遊ぶなら、どれもあまり変わらないかも知れません。(体感で)

但し、超高解像度モニター(2560x1600等)を使用している人で、あまり効果がなくてもSLIをしてみたかったり、ウィンドウモードが基本な人は、GeForce系を選んだ方が幸せになれるかも知れません。但し、水冷や、非常に出来のいいエアーフローでも無い限り、爆熱と爆音のおまけ付ですがw

●コストパフォーマンスが大事な人

HD5770かGTX460でいいと思います。

ウィンドウモードが基本な人は↑の通り、GeForce系を選んだ方が幸せになれるかも知れません。

« 水冷PC(テスト機)とFF14 | トップページ | 水冷PC快調すぎ!! »