2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« ブログマイナーチェンジ中 | トップページ | いや~ »

2010年9月17日 (金)

フロントミッション エボルヴを買ってみた

インストーラーを起動すると、なぜかSteamというわけのわからないソフトをインストールさせられた。

ゲームを起動すると~

音声:英語

字幕:英語

メニュー:英語

で、言語切り替えすらなかった・・・。

パッケージは日本語なのにorz

マニュアルを見ると、メニューや字幕は日本語だった。

どうやらPS3版やXBOX360版はちゃんと日本語化しているらしい。

一応、昔、ウイングコマンダーなどをプレイしていた経験があるので、英語版のゲームにはそこそこ耐性がある私だけど、それでも一気にやる気が無くなった。

それでもちょっとだけ、ヴァンツァーを操作してみた。

操作性が悪かったので、完全にやる気が消失した。

そっと、ゲームを終了させた。

アンインストールした。

ゲームCD(DVD?)を投げ捨てたw

★★★

開発者は、フロントミッションが長年支持されている理由をわかっていない気がする。

ぶっちゃけ、アクションである必要性なんて無いんですよね。

ロボットアクションものをプレイしたければ、ガンダムゲーや、アーマードコアをプレイするよっ!

フロントミッションはずっと(シナリオ)シミュレーション的なものであって欲しかった・・・。

そういえばFMOもつまらなかったなあ(´д`)

★★★

なんかスクエニって、どんどん商業色ばかり強くなっていって、肝心のゲームの質が低下していっているような気がするのは私だけでしょうか?

フラッグシップのFFシリーズを見てみても~

FF1:DQの真似?まあDQも【ウルティマ+ウィザードリィ】みたいなもんだけど。でも、DQより戦闘が派手だしいいかも?

FF2:なんか自由度が減ったなあ・・・でも結構面白いや!

FF3:神ゲー

FF4:FF3の方が好みだけど、やっぱりFFシリーズは面白いね!

FF5:FF4とあまり変わらないけど、やっぱりFFシリーズは面白いね!

FF6:ロックとセリスが好きー おー二人がくっついた!ヽ(゚ー゚* )ノバンザーイ

FF7:ティファが好きー あ!エアリス死んだ・・・何も殺すこと無いだろうに・・・。

FF8:何この学園ゲー・・・てかシーフゲー? というかクソゲー?(好きな人、ゴメン!)

FF9:今度の主人公は悟空か!主人公に思い入れは出来なかったけど、ストーリーは良かったなあ。

FF10:重い・・・ストーリーが重過ぎる・・・それなりに面白いんだけど、ヘビーだあ・・・。

FF10-2:アリかナシかと言えばアリだけど、あくまでも外伝的なものとしてね!

FF11:初期は超マゾゲーそしてクソゲー 中期以降は神ゲーに化けた!?

FF12:出来損ないのネトゲーのようなオフゲー 最後までモチベーションを保てず、プレイ断念。(好きな人、ゴメン!)

FF13:何この格闘ゲームのコンボの出来損ないみたいな戦闘システム・・・。ストーリーは悪くないのに、戦闘のテンポが悪すぎて、ダル過ぎる・・・。

多少の波はありますが、シリーズを重ねる毎に完成度が落ちていっている気がします。

なんか新しいことをやろうとして、それが失敗して、ゲームの完成度を落としている気がします・・・。

フロントミッションシリーズも同じような感じなんですよね~

開発期間が短いのが原因なのかなー?

開発者の能力が低いのか、経営陣がゲーム作りに全く向かないアホ経営をしているのか、どっちかかな?

なーんて思ってしまう今日この頃なのであった。

FF14もぶっちゃけ、今はクソゲーだしねえ(´∀`)アハハ~

FF11のように、いつか化けてくれることを祈っております(=人=)ナムナム

★★★

なにげに、スクエニさんのゲームとあちしは付き合いが長くて・・・

年齢ばれるけどw

スクウェアのクルーズ・チェイサー・ブラスティや、アルファもプレイしていますしー

エニックスの地球戦士ライーザ・ガンダーラ・ディプスファンタジアもプレイしています。

ブラスティ・ライーザ・ガンダーラ・ディプスは神ゲーだったもんねえ。

今のゲームはあの頃のものと比べると、遥かに開発費もかかっているでしょうし、技術力も比べ物にならないほど高度なものになっているのでしょうが、それとゲームの面白さとは、必ずしも比例しないんですよね。

ライーザは泣けたけど、FF12やFF13では全く・・・。

FF14はある意味、期待を大幅に裏切られて、泣きそうになったけど(´∀`)アハハ

でも、今後に期待してますお!(´∀`)アハハ

« ブログマイナーチェンジ中 | トップページ | いや~ »