2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« FF14の近況 | トップページ | なぜFF14PCに水冷GeForceGTX480の2枚SLIを選択したのか »

2010年10月14日 (木)

FF14用PC2台の完全?水冷化とりあえず完了(。・x・)ゝ

最近、仕事中、暇があると、水冷PCのいろんなサイトを見て回っているのですが、

水冷PCをやってる人って、かなりこだわりを強く持っている人が多く、

凄いPCを色々と見ることが出来ます。

それらの水冷PCと比べたら、あちしのPCなんてまだまだ荒削りで問題がイロイロとありそうな感じですが、まあその辺は、水冷初心者ということでご勘弁を(。・x・)ゝ

★★★

先日、RampageIIIExtremeのチップセット用の水枕が2つ届きました。

なので早速、青PC、赤PC、2台に装着することにしました。

今回取り付ける水枕はドイツ(だったっけ?)のEK製のものなのですが、EK製のものはプラスペーサーを多用するので、透明ゴム系接着剤があると便利です。

最初に、プラスペーサーが必要な各ネジ穴のところにゴム系接着剤を少量つけ、プラスペーサーを接着。

ある程度、接着剤が固まるのには時間がかかるので、その間に、マザボのチップセットにグリスを塗り、VRMなどに熱伝導シートを貼ります。

それらの作業が完了したら、いよいよ取り付けです!!

RampageIIIExtreme用と銘打っているだけあって、各所の寸法もバッチリなようです!

Wc30

サクサクっとマザボやビデオカードをケースに戻し、パイピング。

電源を接続する前に、流水テストを1時間ほどしました。

(※今まで、流水テストをする時、ボタン電池をはずすの忘れてました(´・ω・`) 次からは気をつけようっと!)

あ!今回、ついでに水温計をつけることにしました。ホントはラジエター前とラジエター後に1つずつ水温計をつけたかったのですが、ラジエター前に簡単に装着出来そうなタイプの水温計の在庫がショップになかったので、今回はラジエター後(リザーバータンク下)の水温計だけ付けることにしました。

Wc31

今回購入したチップセット用水枕は、一部がスケルトン仕様になっている為、青いクーラントが水枕の中を流れていくのがわかります↓

Wc32

↑VRMやノースブリッジ付近

↓サウスブリッジ付近

Wc33

↓は青号の後に組み立てた赤号の写真。

Wc34

↑VRMやノースブリッジ付近

↓サウスブリッジ付近

Wc35

短時間ですが、流水テストを一応クリアしたので、電源を接続して、スイッチオン!!

無事、起動しました(。・x・)ゝ

これで、CPU、VGA1、VGA2、チップセットの水冷化が完了しますた(。・x・)ゝ

その後、FF14を起動し、3時間ほど放置したところ、水温が最終的に39度まで上がってしまいました。(PC起動時は24度でその後すぐに27度になり、その後はズルズルと上昇していく感じ)

んー・・・ラジエターの能力を上げた方がいいかも?

とりあえずPCを置いている場所にも問題があるので

(サーバーラックの底板の上。ケースの上にあるラジエターと、サーバーラックのメイン板との間に5cm位しかスペースが無い為、正直空気の流れに問題があります!)

Wc36

サーバーラックのメイン板の下に、両面テープで12cm角ファンを2個、貼り付けてみました。

これでラジエターから出た熱風がサーバーラックの後ろから排出されるようになったはず!?

その後30分ほど放置してみたところ、水温が36度台にまで下がっていました。ヽ(゚ー゚* )ノ

Wc37

ここで昨日はタイムアップ!!

更に温度が下がるかどうかはまだわかりません(´・ω・`)

でもやっぱりアレだね~

【980x 4GHz動作 + 480GTX x2 + チップセット】の熱を完全に逃がすには、Black Iceの120+240じゃ足りない印象です。

大体、空冷仕様のHAF922を無理やり水冷仕様にしているのに問題があるわけで~

そのうち、水冷に適したケースに変えるか、大型ラジエターを完全にケース外に外付けしないとダメかもしれませんね。

ちなみに↑の写真の右側にあるのが赤PCで、左側にあるのがPT2が入っている緑PCです。水冷PCの状態がすぐにわかるように、サイドパネルをつけず、平行に斜めに3台を並べて使用しています。

理想的で快適なFF14の2PC環境構築までには、まだまだ工夫が色々と必要そうです。(´・ω・`)

« FF14の近況 | トップページ | なぜFF14PCに水冷GeForceGTX480の2枚SLIを選択したのか »