2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月 7日 (木)

水冷PCの使用パーツについて(更新中・・・

なんか検索カテゴリーの1位が【水冷PC日記】になっていたので、今回は、私が使用している水冷関連パーツの型番を書いて置きたいと思います。

あ!最初に断っておきますが、自作に関することはあくまでも自己責任の上で行ってください。特に水冷は危険です!

1度の凡ミスで、殆どのパーツが使い物にならなくなる場合だってありますからっ!

●ポンプ

JINGWAY TECHNOLOGY DP-1200N

下位モデルに400とか600があるので、このシリーズの中では上位モデルだと思われます。

揚程能力が4mあるので、一般的なフルタワーで、VGAカード3枚、CPU、チップセットなどを全て水冷化しても問題ない程度の充分なパワーがあると思います。

パワーがあるポンプの方が流速が上がるはずなので、冷却能力も高くなるのではないでしょうか?

ちなみに動作音は「ジイイイイイイイイイイイ・・・・」といった音が静かな環境だと聞こえる感じ。ポンプ動作時には基本的に冷却ファンも動いているので、冷却ファンの音にかき消されて普通の人はポンプの動作音は気にならないと思います。

ポンプが動作していると、僅かですが、振動が発生します。なので、防振シートのゴムやウレタンなどをポンプの底面に両面テープ等で貼り付けるといいと思います。最後にマジックテープ等でポンプをPCケースに固定するといいと思います。

●リザーバー

EK WaterBlocks EK-Reservoir Combo DCP 4.0 に~

EK WaterBlocks EK-Multioption Tube 140mm を組み合わせています。

↑のポンプ(JINGWAY TECHNOLOGY DP-1200N)専用のリザーバーです。このリザーバーを装着する事により、リザーバー一体型ポンプへと変わります。

リザーバーのタンク容量は、場所の確保が出来るなら、なるべく大きなものに変更することをオススメします。

●GeForceGTX480用水枕

青PC:KOOLANCE VID-NX480

MSIやクロシコのGTX480には、ボルトオンで問題なく装着出来ました。

電飾用の青LEDを固定する為に、透明なゴム系接着剤があるといいかも知れません。

赤PC:MSI HydroGen

MSIの水冷ヘッド標準搭載のGTX480です。

http://www.msi-computer.co.jp/products/VGA/N480GTX_HydroGen.html

「しょせん、水冷に慣れていない一般PCメーカーが作った水枕だから、大して性能良くないんだろうな・・・」と思っていたのですが、これがなかなかにいい感じ!

少なくとも、青PCのKOOLANCEよりGTX480を冷やしてくれています。(ラジエターに装着しているファンが違うので、一概に、MSIの方が上だとは言いづらいですが・・・)

●CPU水枕

KOOLANCE:CPU-360 (CPU) Rev1.2

各種CPUソケットに対応できるOPパーツが標準で入っています。

非常に組み立てやすく、ガッチリ固定できるので気に入っています!

●ラジエター

HAF922の天板に載せているやつ:Black Ice SR1 240

HAF922の背面に装着しているやつ:Black Ice SR1 120

ラジエターの最後の数字3桁は、殆どが装着できるファンの大きさと数を示しています。

120なら120mmファンを1個、240なら120mmファンを2個、360なら120mmファンを3個、

140なら140mmファンを1個、280なら140mmファンを2個といった感じです。

※)ご自分のケースに合わせたラジエターを選択してください。ちなみにHAF922だと、Black Ice SR1 240が天板にボルトオンできます。

※)メーカーによっては、PCケースのネジ穴の位置と、ラジエターのネジ穴の位置が違ったりすることがあるかもしれません。

ラジエターに付属しているネジだと、若干長さが足りない場合があるかも知れません。SR1 240には太さ4mmで長さ30mmのネジがついていますが、長さがあと3mmほどあると、ベストかも知れません。(装着する冷却ファンにもよりますけどね)

●ラジエター冷却ファン

12cm角の標準サイズのやつならなんでもいいんじゃない?

ご自分の趣味で!!

●フィッティング

EnzoTech CFS-ID3/8-OD1/2 Compression Fitting (1台あたり4個)

Bitspower G1/4 Rotary Angle Compression 3/8-1/2(1台あたり6個)

※)フィッティング購入時には、3つの数字に気をつけなければなりません!

まずは取り付け穴の規格です!

取り付け穴のネジ径規格に合わないフィッティングは取り付けられません。

ただこちらはどうやらG1/4というネジ径規格が標準(一般的?)になっているようです。

MSIやEVGAの水冷ヘッドGTX480も、G1/4規格です。

次に、取り付けるチューブの内径と外径の寸法です!

私は内径3/8インチ(約10mm)外径1/2インチ(約12mちょい)のものを使用しています。なので、フィッティングも、内径3/8インチ、外径1/2インチに対応したものを使用しなければいけません!

●SLI or CF 用フィッティング

KOOLANCE CNT-VDA34(2,3slot用コネクタ)

KOOLANCE CNT-VDA2(1slot用コネクタ)

ご自分の環境に合わせて、これらを選択。

●チューブ

KOOLANCE HOS-10CL (ID3/8 OD1/2)

2mあれば1台分には充分だと思いますが、念の為に3m買っておいてもいいかも知れません。

チューブをカットするのに良さそうな大型のハサミか、カッターを用意しておくといいと思います。

●クーラント

青PC:JINGWAY TECHNOLOGY ICELAND COOLANT UV Blue 1000ml
赤PC:JINGWAY TECHNOLOGY ICELAND COOLANT UV Red 1000ml
色は好みで!w
でも、このメーカーのクーラントは個人的にはGreenが綺麗でオススメかも?
Blueは実際に使ってみると非常に色が薄く、Redは殆どオレンジ色です。
他にOrangeもありますが、Redのオレンジを更に薄くしたオレンジ色といった感じです。

●オススメ水冷パーツ通販サイト

オリオスペック:http://www.oliospec.com/

どうやら、日本の水冷パーツ通販ショップといったらココ!という位に有名らしい。

何度もお世話になっています!

●オススメ水冷メーカー直販サイト(英語)

KOOLANCE:http://www.koolance.com/default.php

そこそこ英語を理解出来、ご自分の住所を英語表記でき、クレジットカードを持っているなら、かなり簡単に個人輸入出来るサイトです。

海外の通販サイトの中では、わかりやすく親切な方だと思います。

今まで2回個人輸入しましたが、数日で問題なく到着しました。

2010年10月 6日 (水)

美しい(*´Д`*)

いや~FF14、マッタリ系MMOプレイヤーにとっては最高(とはまだ言いづらいけどw)なゲームですね~

戦闘廃な人には不満だらけでしょうが、戦闘好きに向いているMMOゲームなんて他に腐るほどあるので、そちらにいけばいいだけですし。

PS3の足枷のせいで、DirectX9上で作られているFF14ですが、それでもやはり新しいゲームだけあって、時折見せる素晴らしい景色に、ついつい画面に釘付けにされてしまいます。

Ffxiv_0003

美しい(*´Д`*)

JPEG圧縮されているのと、静止画ということで、実際のゲーム画面には劣りますが、定期船上で見た日の出はなかなか綺麗でした(*´Д`*)

★★★

そして今回も水冷PCのお話。。。

水冷PC1号機(以降、青PC)は、今も順調に問題なく動作しております。

前回の記事(だったかな?)に書いた通り、背面の2個目のラジエターを小型のものに変更し、取り付け方もシンプルにしました。

それにともない、パイピングもさらに単純化しました。

当分、この仕様で使用していこうと思っています。

ちなみに、ラジエターの変更により、GTX480SLIの冷却性能も若干落ちたみたいですが、それでもFF14長時間プレイ時にMAXで52℃だったのが53℃になっただけなので、誤差範囲みたいなものです。

ただその後、PCの位置を、サーバーラックの底部に移した為、排気スペースが減り、それにより冷却性能が大きく落ちてしまいました。

それでもFF14長時間プレイでGTX480SLIの温度がMAX58℃だったので、個人的には非常に満足です!

※)GTX480の温度はMSIのアフターバーナーというアプリケーション読みです。

青PC↓

Wc25

青PC電源ON!↓

Wc27

美しい(*´Д`*)

青PCがあまりにも快適なので、2アカ用(というか、私は昔から、ほぼ同性能クラスのPCを2台使用し、お互いをバックアップさせて使用してきました。最近はNASを使用するようになったので、若干変わってきましたけどね!)  のPCにも水冷を導入したくなり、水冷パーツを揃えて、2アカ用のPC(以降、赤PC)に水冷パーツを組み込んでみたのですが・・・

無事に水冷パーツを組み込み、例の小型基盤を使用し、数時間の流水テストもクリア~ヽ(゚ー゚* )ノ

マザボに電源をコネクターを差込み、いざ起動ヽ(`Д´)ノ

問題なく、Win7が立ち上がったのですが・・・

赤PCを使用しながら、ふと、HD5870用の水枕の説明書を見直してみたら、フィッティング部にスペーサーを挟んでいなかったことが判明!!ヽ(;´Д`)ノ

このことに気がついたのが、悲劇のはじまりでした(>□<;

凡ミスをし、クーラントを排水する時に、マザボにクーラントをぶちまけてしまったのです(´・ω・`)

その時、あせらずに、全バラし、各パーツを入念にチェックすればよかったのですが、疲れと焦りの為なのか、ほどほどに飛び散ったクーラントを拭いた後、すぐに電源を入れてしまったのです(>口<;

最初はWin7が問題なく立ち上がったのですが、なぜか音がならない・・・

そうこうしているうちに、今度はUSBを1つOSが見失い・・・

その後、Win7が起動しなくなり、最終的にはBIOSも起動しなくなってしまいました・・・。

その後、全バラをし、各部をチェックしてみたら・・・

●HD5870のPCI-Ex端子部分にクーラントがついて塗れていた。

●PCI-Exスロットの奥にクーラントが入り込んでいた。

●BIOSのチップが乗っている台から、BIOSのチップをはずしてみたら、中にクーラントが・・・。

●メモリをはずしてみたら、端子部分にクーラントが・・・

●他にもマザボの各部に細かくクーラントが飛び散っていました(´・ω・`)

「こりゃ、ショートもするわ・・・」(´・ω・`)

しばらく呆然としてしまったのですが、どのパーツがやられ、どのパーツが生きているのか調べないといけません!!

そんなわけで、ジャンク箱から、古いパーツを引っ張り出し、クーラントにやられた可能性があるCPU(Core i7 980x)、メモリ(所有している中で一番高いやつ)、RampageIIIExtreme(45000円くらいするマザボ)、2枚のHD5870を1つ1つチェックすることにしました。

その日はホントに運が悪かったのか、ここにも問題がありました・・・(後日判明)

テスト用に使用したマザボと電源の相性が悪かったのに気がつかなかったのです!orz

その為、どのパーツをテストしてもBIOSが立ち上がらなかったり、BIOSが立ち上がっても、その後の動作がおかしかったりしました。

「ぜ・・・全滅か!?」(>口<;

徹夜で動作チェックをしたのですが、同じ組み合わせでも立ち上がったり立ち上がらなかったりし、再現性もまるで無し。

もう頭の中が焦り、寝不足による疲れ、後悔でウニ状態でしたw

「一度、水没したパーツはどうせもう信用できないしなあ・・・」(´・ω・`)

と思い、余っているメモリ以外を全部買い換えることにしました(´・ω・`)

「FF14はウィンドウモードでプレイしたいので、赤PCのビデオカードもGTX480に変更したかったし、丁度いいや!(T-T* メモリは丁度1セット余ってたし・・・。でも、980xは痛すぎるなあ・・・(T-T*」

その日の昼、秋葉原とamazonを物色し、980x RampageIIIExtreme MSIの水冷用GTX480を2枚を購入しました。

約27諭吉がすっ飛んでいきましたorz

来年初頭に、intel CPUのアーキテクチャーが大幅チェンジする事を考えると、

いくら独身貴族なあちしでも、これはさすがに痛いじぇ!!

「まあ、高い勉強代だと思おう・・・orz」

帰宅後、入念にケースとケーブル類をチェック!!

SATAケーブル内にも、クーラントが飛び散っていました(;゜ロ゜)

「どどどどどどどど・・・・・・・・どんだけ~!!」。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。

次の日・・・amazonで注文したパーツが届いたので、帰宅後、赤PCを組みなおしました。

出来たのがコレ↓

Wc26

そして電源ON!!

Wc28

美しい(*´Д`*)

青PCよりもエアコンに近いせいかも知れませんが、サーバーラックの底面に置いても、FF14長時間プレイで、GTX480SLIの温度は53℃までしか上がりませんでした!

「MSIの水冷ヘッド、侮りがたし!! 」

Koolanceと違って光りませんが、よく冷えます!

(水冷ヘッドの違いよりも、冷却ファンの回転数の違いの方が大きいかもですね)

まあ、どちらにせよ、ビデオカードの水枕組み立ては超メンドイので、最初から水冷でGTX480を使用したい人には、MSIの水冷ヘッド仕様はオススメかも!!

ただ、第1次出荷分は、殆どもう市場には残っていないと思いますが・・・。

あちしもあっちこっち探し回って、別のところで1個ずつ見つけましたからね}(^^;

そんなこんなで赤PCの水冷化もなんとか終了!

昨日1日使ってみた感じでは問題なく快適に使えました!

(てか、青PCよりも冷え冷えだし!!)

★★★

【後日談】

ジャンク箱から、別の鉄板マザー(RampageIIExtreme)を引っ張りだし、そっちで水没パーツをテストしてみたところ~

なんと!

980x → 厳密なテストをしてみないとわかりませんが、とりあえずセーフっぽい。

HD5870 -1 → セーフっぽい

HD5870 -2 → セーフっぽい

メモリ → セーフっぽい(memtestでも全然OKだったので、赤PCに戻しました!)

「さすが、名板鉄板 RampageIIExtremeだじぇ!!」

「PCI-Exのスロットがもうちょい離れてたら、まだ現役で使うんだけど・・・」

RampageIIIExtreme → どうもBIOSも予備BIOSも飛んでしまっているようで、ダメっぽい。更に、他の細かいチップがヤヴァそう。

というわけで、結局壊れたのは、マザボだけでした(´・ω・`)

メモリは買い換えていないし、ビデオカードは変更したかったからいいんだけど、やはり980xの出費は痛いし、もったいなかったです(´・ω・`)

「HD5870を2枚、このままお蔵入りさせるのもやっぱりちょっともったいないかな?」

なんて考えはじめ~

【緑PC製作計画発動!!】

水没から立ち直ったパーツを利用して、もう1台水冷PCを組み立てることにしました!

「転んでもタダでは起きないじぇ!!」

んで、足りない水冷パーツを注文!!

「水冷遊び用のPCを作って、いろいろテストしてもっと水冷の知識をゲットするじぇ!」

と決断し、更にお金をかけるという愚を冒す、アホなあちしであったww

MSIの水冷ヘッドなGTX480↓

http://www.msi-computer.co.jp/products/VGA/VGA-images/HydroGen.html

【後日談2】

失敗の原因は、HD5870の水枕のフィッティング部に取り付けるスペーサーの付け忘れでしたが、私が使用したフィッティングの場合、そのスペーサーを取り付ける必要が実はありませんでした・・・。

余計なことをして、余計な苦労をする、典型的な蛇足でした・・・。

ただ、クーラントは普通の水と違って、すぐに電源を落とし、キッチリとふき取れば、部品が大丈夫である可能性も結構あるということがわかりました!

次からは水冷トラブルがあっても、落ち着いて作業が出来そうです(*゜ー゜)

★★★

最後は個人的メモを兼ねた、私的クーラントの排水(交換)方法です。

●ベストは、下部のパイプに分岐を作り、片方を排水用にし、普段は塞いでおく。

●各部にバルブやドレン?(蛇口みたいなもの)パーツを付けておくと、水枕の追加時などに便利。

ドレンや排水用の分岐が無い場合

1:リザーバーの蓋を開け、中のクーラントを、醤油チュルチュル等(大型のスポイトでも可)で空き瓶などに移動しておく。

2:一番上部にあるフィッティングから、パイプを慎重にハズす。

3:急激にリザーバーへクーラントが流れ込むので、クーラントが溢れる前に、はずした上部のフィッティングにパイプを取り付ける。(元に戻す)

4:リザーバーへ流れ込んだクーラントを再び回収する。

5:再び、先ほどのフィッティングからパイプを慎重にハズし、以下は繰りかえしで・・・

6:リザーバーへ流れ込んでくるクーラントを全て回収する。

7:まだビデオカードの中や、ラジエターにクーラントが残っているはずなので、もれないように、臨時のパイピングをして封じ込める。

(各パーツのフィッティングの出口と入口をパイピングしちゃうとか)

8:各部を分解するなどし、残ったクーラントを完全に排水する。

こんな感じです。

2010年10月 3日 (日)

き・・・きびしい

オープンβの時は、ギルドリーヴの復活に48時間もかかったので、

平行して2キャラ(2PC2PT)を育成することは余裕で、廃な人なら3キャラ(2PC3PT)もいけるといった感じでした。

正式からは、リーヴの復活まで、36時間になったと聞いていたのですが、なんかもっと早いような気がしなくもありません。

正直、2キャラ(2PC2PT)を平等に平行して育成するのは困難そうです。

土日でも2キャラ(2PC2PT)の傭兵リーヴと生産リーヴを完璧にこなそうとすると、他に家事や別の趣味などが全く出来なくなってしまいます。

この状態でヒューランとミコッテをキッチリ育てようとすると、2PCのキャラをヒューランとミコッテの組み合わせにするしか無さそうです。

んー・・・どしよかな?

ちなみに今は~

●1st PT

Ffxiv_0010

●2nd PT

Ffxiv_0011

ララフェルは非常にかわいいのですが、myキャラとしてはどうしてもしっくりこないんですよね。

このままいくか、ララフェルの育成をやめるか、非常に迷っています。

またミコッテを1から育成するのもダルいしなあw 

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »