2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

2010年10月15日 (金)

なぜFF14PCに水冷GeForceGTX480の2枚SLIを選択したのか

今回の記事は、題目の事について、まとめてみたいと思います。

元々、私はRadeon派であり、HD5870を複数使用していました。

FF14ベンチマークの結果もあり、オープンβをHD5870のCFではじめたのですが、色々と不満な点があることがわかりました。

●Radeon系は、DirectX9上で動くゲームではウィンドウモードでCFが効かない。(ウィンドウモードでCFが動くのはDirectX10かららしい)

●FF14はDirectX9上で動くゲームなので、Radeon系ではウィンドウモードでの複数挿しは絶望的。

●私が2560x1600のモニターを使用しているという事もポイント。

●2560x1600でプレイしたところ、キャラやNPCの表示の遅延が洒落にならないほどあった。クライアントの読み込みスピードか、サーバーとの通信速度のどちらかがボトルネックになっているようだった。

●intelのSSDを3つ使ったRAID0ディスクにクライアントをいれているので、クライアントの読み込みスピードの問題では無さそう。となると、サーバーとの通信速度の問題なのか!?

●うちはBフレッツ100M占有で、常に26Mbpsは出ているので、問題はサーバー側っぽい。

●いずれにせよ、2560x1600では快適にFF14をプレイすることは今のところ不可能っぽい。

●2560x1600のモニターでCFを効かすには、1920x1200などの解像度を拡大表示するしかない。

●折角綺麗なグラフィックなのに、液晶のボケボケ拡大表示でゲームをプレイしたくない。

●ウィンドウモードでプレイすることがここで決定!

●できれば、1920x1200か1920x1080あたりのウィンドウでプレイしたい。

●HD5870のシングルでは、私が満足する快適度が得られないことが判明。

●GeForceGTX480のSLIにすることがここで確定!(GeForce系はDirectX9上のゲームでも、ウィンドウモードでSLIが有効。但し、FF14で有効にするには、ちょっとした技が必要。)

※)ちょっとした技→ http://ff14dousa.web.fc2.com/sli.htm

SLIの方は、FF14のクライアントは全くいじっていないので、チートにはなりません。

●念の為、GTX480をシングルでテストしてみるものの、HD5870と大してかわらん。

●やっぱり、GeForceGTX480の2枚のSLIにしてみた。

●軽い場所では、両カードのGPU使用率は40%前後なので、480のシングルでも良さそうだったが、狩場等の重い場所にいくと、両カードのGPU使用率が75%位に跳ね上がったので、やはりSLIは有効だということがわかった。

●長時間プレイでチェックしてみたところ、両カードとも、大体、最大で91%の使用率になった。どうやら480の2枚挿しが私にはベストのようだ。

●480のノーマル空冷だと、アイドル時の温度が80度、負荷時の温度が90度オーバーで、洒落にならない温度だということがMSIのアフターバーナーというアプリケーションでわかった。

●480を水冷にするしかあるまい・・・。

●どうせならCPUも水冷にしちゃおー!

●折角だから、チップセットも水冷にしちゃおー!

●現在、1stPCで480を2枚、2ndPCで480を2枚、3rdPCで480を1枚(とある事情でEVGAの水冷ヘッドの480が1枚余ってしまったので、もったいないから3rd PCにいれてみた)の計5枚使用していますが~

●1stPC、2ndPC、3rdPCでFF14を稼動させ、3rdPCは更にPT2で地デジを視聴し、1年程前までリビングで使用していた46型プラスマTVと、初期のBDHDDレコーダーを使用していたら~

●大元のブレイカーは問題なかったが(うちは敷地内に専用の小型の変電装置を置いているので、かなりの電流量に対応しています。)PC部屋のプレイカーが落ちたww

●「GTX480は化物か!?」

●3WAY SLIにも興味をもっていたが、2台とも3WAYにしたら、それだけで480が6枚・・・。

3rd PCやプラズマTV等の使用をやめても、それだけでPC部屋のブレイカーがヤヴァそうな感じがしたので、3WAYは断念w

片方のPCの電源を、別の部屋のコンセントから取ればいけるとは思うけど、考えてみたら、PCの電源も1200w級に変更しないといけなさそうなのもダルいから、やっぱり断念w

2枚が同時に使用率99%を超えたことって今のところ無いですしね!

今、ココです。

しかしGTX480って・・・このエコな時代によくメーカーがこんなのを平気で出したなとちょっと呆れてしまいました。

今の家が建ってから、かれこれ14年経ちますが、部屋のブレイカーが落ちたのは今回がはじめてですよっ!!

まあ私も、もう1段階解像度を落として、HD5870なり、GTX480なりの1枚挿しで満足すれば良かったんですけどね(´・ω・`)

でも最低でもPS3版よりも解像度を高くして遊びたいし、出来れば画像オプションも満足いく設定で遊びたい・・・。

そんなこんなで今のような状況になってしまいました。

でもこんな状況、長い間、とても維持出来るとは思えないです。

はやいところ、1枚でGTX480のSLI以上の表示がFF14で出来る、RadeonHD6870とか出ないですかね~

そしたらすぐにでも、ビデオカードを変更するんですけどね~(´・ω・`)

★★★

次回予告・・・

実は1度記事にしたものの、すぐに削除してしまったので、GIGABYTEのUD9がうちにあるのを知らない読者の方も多いはず!?

んで、今うちには空冷仕様のHD5870が1枚余っていて、さらにHD5770やHD5750も余っていたりします。

4xxxシリーズ以来、ずっとRadeon派でしたからね~

これだけGTX480を購入すれば、大量のRadeonが余るわけです。

というわけで、HD5870とHD57xxシリーズを組み合わせて、

UD9にRadeonHD5xxxシリーズを4枚搭載した空冷PCを作ってみるつもりです。

RadeonのCFは、GeForceのSLIのように、性能の低いGPUに性能が統一されるという●ソ仕様ではないようなので、ちょっと楽しみです。

モニターは昔使用していた1920x1080のモニターを使用する予定なので、CFを効かせてFF14もプレイしてみるつもりです。

CPUは余っている920をプチO.C.して使用予定です。

なんだかんだでPCが3台とも水冷になってしまいましたからね~

空冷PCが1台はないとちょっと不安です。

ただ、水冷PCを記事にした今となっては、普通の空冷PCじゃつまらない!

というわけで、水面下で、計画を進めていました。

UD9は特殊なサイズのマザボですから(長い)、UD9にあわせ、UD9に対応しているフルタワーのHAF Xも購入済み!!(でも、あんなのどこにおいたらいいんだろ・・・w)

FF14の為にいろいろPCをいじっていたはずなのに、FF14よりもPCをいじってる時間の方が、最近長いんですけどwヽ(;´Д`)ノコマッタモンダ

2010年10月14日 (木)

FF14用PC2台の完全?水冷化とりあえず完了(。・x・)ゝ

最近、仕事中、暇があると、水冷PCのいろんなサイトを見て回っているのですが、

水冷PCをやってる人って、かなりこだわりを強く持っている人が多く、

凄いPCを色々と見ることが出来ます。

それらの水冷PCと比べたら、あちしのPCなんてまだまだ荒削りで問題がイロイロとありそうな感じですが、まあその辺は、水冷初心者ということでご勘弁を(。・x・)ゝ

★★★

先日、RampageIIIExtremeのチップセット用の水枕が2つ届きました。

なので早速、青PC、赤PC、2台に装着することにしました。

今回取り付ける水枕はドイツ(だったっけ?)のEK製のものなのですが、EK製のものはプラスペーサーを多用するので、透明ゴム系接着剤があると便利です。

最初に、プラスペーサーが必要な各ネジ穴のところにゴム系接着剤を少量つけ、プラスペーサーを接着。

ある程度、接着剤が固まるのには時間がかかるので、その間に、マザボのチップセットにグリスを塗り、VRMなどに熱伝導シートを貼ります。

それらの作業が完了したら、いよいよ取り付けです!!

RampageIIIExtreme用と銘打っているだけあって、各所の寸法もバッチリなようです!

Wc30

サクサクっとマザボやビデオカードをケースに戻し、パイピング。

電源を接続する前に、流水テストを1時間ほどしました。

(※今まで、流水テストをする時、ボタン電池をはずすの忘れてました(´・ω・`) 次からは気をつけようっと!)

あ!今回、ついでに水温計をつけることにしました。ホントはラジエター前とラジエター後に1つずつ水温計をつけたかったのですが、ラジエター前に簡単に装着出来そうなタイプの水温計の在庫がショップになかったので、今回はラジエター後(リザーバータンク下)の水温計だけ付けることにしました。

Wc31

今回購入したチップセット用水枕は、一部がスケルトン仕様になっている為、青いクーラントが水枕の中を流れていくのがわかります↓

Wc32

↑VRMやノースブリッジ付近

↓サウスブリッジ付近

Wc33

↓は青号の後に組み立てた赤号の写真。

Wc34

↑VRMやノースブリッジ付近

↓サウスブリッジ付近

Wc35

短時間ですが、流水テストを一応クリアしたので、電源を接続して、スイッチオン!!

無事、起動しました(。・x・)ゝ

これで、CPU、VGA1、VGA2、チップセットの水冷化が完了しますた(。・x・)ゝ

その後、FF14を起動し、3時間ほど放置したところ、水温が最終的に39度まで上がってしまいました。(PC起動時は24度でその後すぐに27度になり、その後はズルズルと上昇していく感じ)

んー・・・ラジエターの能力を上げた方がいいかも?

とりあえずPCを置いている場所にも問題があるので

(サーバーラックの底板の上。ケースの上にあるラジエターと、サーバーラックのメイン板との間に5cm位しかスペースが無い為、正直空気の流れに問題があります!)

Wc36

サーバーラックのメイン板の下に、両面テープで12cm角ファンを2個、貼り付けてみました。

これでラジエターから出た熱風がサーバーラックの後ろから排出されるようになったはず!?

その後30分ほど放置してみたところ、水温が36度台にまで下がっていました。ヽ(゚ー゚* )ノ

Wc37

ここで昨日はタイムアップ!!

更に温度が下がるかどうかはまだわかりません(´・ω・`)

でもやっぱりアレだね~

【980x 4GHz動作 + 480GTX x2 + チップセット】の熱を完全に逃がすには、Black Iceの120+240じゃ足りない印象です。

大体、空冷仕様のHAF922を無理やり水冷仕様にしているのに問題があるわけで~

そのうち、水冷に適したケースに変えるか、大型ラジエターを完全にケース外に外付けしないとダメかもしれませんね。

ちなみに↑の写真の右側にあるのが赤PCで、左側にあるのがPT2が入っている緑PCです。水冷PCの状態がすぐにわかるように、サイドパネルをつけず、平行に斜めに3台を並べて使用しています。

理想的で快適なFF14の2PC環境構築までには、まだまだ工夫が色々と必要そうです。(´・ω・`)

2010年10月13日 (水)

FF14の近況

毎度~

管理人のマイアだす!!

ブログをFF14編にしたのに、最近はどうもFF14に関しておざなりになっていたので、今日はFF14の近況報告を・・・。

次の日記もまた水冷ネタになりそうな気がするし・・・。

育成方針がまだまだ確定せずに混乱中な日記なので、何を言っているのかよくわからない点があると思いますが、適当に読み流してやって下さいm(_ _)m

★★★

いや~FF14はなんというか、なかなかキャラ育成が軌道に乗らないというか、落ち着かないというか、パターン化出来ません(´・ω・`)

パターン化できない理由の1つに私の優柔不断さがあるのですが・・・。

でもまあとりあえず、今の私のキャラのパーティ構成を書いておきますです。

●第1PT

Ff14085

実は今、3アカ3PCです(´・ω・`)←アホ

まあ、3アカ目のキャラの名前は、Telepo Sanだったり、Telepo Donだったり、Telepo Kunなんですけどね(´・ω・`)

基本的に、町やエーテライトで待機させ、移動時のみに使用するキャラです。

メインアカや、2アカのアニマがある時は起動しません(´・ω・`)

好みなキャラだと、本気で育成したくなるので、あえて自分では操作する気になりにくい容姿や種族でキャラメイクをしたつもりなのですが、Telepo San・・・なんかサングラスをかけていると雲のジューザっぽくてかっこよす・・・w

↓は戦闘時のモード。頭の装備はチェラータです。

ぽげちゃんは、チュニック系を装備しています。FF11の時のタルのチュニックよりかわいくないのが残念(´・ω・`)

Ff14086

盾は先日、スクトゥームにグレードアップ!!

Ff14087

武器は大分前から、変な木刀というか木剣を使っています。

この武器、扱いやすくていいのですが、耐久力が低いのが辛いところ・・・。

応急修理屋の修理代、15000ギルもするし、自力で修理できるように、もっと木工を早くあげないと、お金が修理代に消えていっちゃいます!(>口<;

この間、耐久値0で戦っていたよ(*´Д`*)

なんかダメが出ないと思った(*´Д`*)

Ff14088

●そして第2PT

最終的には、この2つのPTを育成することになりそうな予感・・・。

土日を全てFF14の時間にすれば、3PTを平行育成出来そうですが、さすがにそれはね・・・。

平日は17時以降じゃないとINできないし、平日に関しては2PTを育成するのにも時間が足りないですからね~(目一杯やって1.5PTってところかなー?)

生産リーヴまできっちりこなそうとすると、平日は1PT、休日は2PTがリアルの事を考えると私的には限界ラインかな?

Ff14089

まあそんなわけで、一時期は1PTまで減らすことも考えてみたのですが、よーく考えてみたら、メインPTの効率を一番に考えてキッチリと育てる義務なんて全くないわけですし、

もっと力を抜いて、マッタリと2PT育成してもいいんじゃないかと思うようになってきました。

同じキャラばかり育成していてもつまらないしー

疲労度で修練値が落ちてきているキャラをプレイするものストレス貯まりますからね~(*゜ー゜)

↓は戦闘モード。むむちゃんとぽげちゃん、ぱっと見、区別がつきませんw

Ff14090

この兜、本来はいたって普通の形のヘルメットなのですが、ミコッテがかぶると変形しますw

Ff14091_2

性能がさほど高くない兜なのですが、チェーンコイフの見た目が嫌いなので、こちらを装備しています。

お金が貯まったら、チェラータにする予定。

Ff14092

あ!2nd PTのミコッテですが~

再び、ムーンキーパーからサンシーカーに戻しました。

どっちも魅力的なのですが、私的には、やはりミコッテってFF11のミスラのイメージが強いんですよね!

ミスラというと、とにかく活動的なイメージがあって、ネコというよりもライオンって感じなのです。

んで、褐色系の肌色が似合っていてかっこいい印象があるのです。

そんなわけでサンシーカーに戻しました!

Ff14093

定期船の船内で撮ったSS↓

よーく見ると不気味ですが、パッと見だとかわいいSSですw

Ff14094

★★★

1PTに集中して育成するか、それとも余裕をもって2PTを平行育成していくかずっと迷っている私ですが~

初期3国のメインストーリーを全部体験するには、どうしても3キャラ目が必要なわけで・・・。(今考えてみたら、ぽげちゃんあたりをグリダニア所属にしてもよかったかも知れない・・・今更遅いけどw)

というわけでとりあえず、グリダニアのメインストーリーを体験する為のPTを作ることにしました。

メインアカのキャラはエレゼンのシェーダーをチョイス!!

フォレスターは、リネ2でDEを長いことプレイしていた私には受け入れられなかったw(DEをプレイしているとエルフ嫌いになるw)

キャンプで見かけた、長身のエレゼンの槍士が凄くかっこよかったので、

長身にし、初期職も槍をチョイスしました。

Ff14095

でも最初、グリダニアを選ぶつもりが、間違ってウルダハを選んじゃったんですよねw

↓↑のSSはその時のものですw

NPCのヒューラン♂より頭一つ身長が高いです。

モデルっぽくってかっこいいのですが、走らせるとモッサリしていて、爽快感が無いのが残念すぎます(´・ω・`)

Ff14096

●第3PTの面々。

2アカ目の回復役は、プレーンフォークのララフェルにしました。

Ff14097

しかし・・・

Terepo kunと、Raia・・・サングラスしていて並んでいると、マトリックスのあの二人に似ているような気がしてきちゃいますww

↓は戦闘モード。ミコッテと同じ兜をしています。

Ff14098

果たして3PT目がまともに育っていくかどうか・・・

せめてグリダニアのメインストーリーをある程度楽しめるところまでは、マッタリと育てたいんですけどね~

シェーダーキャラも思いのほかいい感じだし・・・(走り以外はw)

★★★

メインPTの方は、ようやくMaiaが、ウルダハのメインストーリーの第3段階?をクリアしました。

このクエを受けられるようになったレベルは【剣士17 フィジカル23】だったので、合計が40だと受けられるようになるのかな?

Ff14099_2 

でもこのマインマイト戦・・・NPCのグレインファルに結構頼ってしまった(´・ω・`)

幻術のケアルが自分で使えなかったら、ちんでたかも(´・ω・`)

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »