2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 続・追手内要一・・・・・(T-T* | トップページ | 水冷PC そして空冷再び »

2011年1月17日 (月)

あちし的には、D5よりもDDC3.2かなー?

なんか、FF14ブログから水冷PCブログになってしまった、ころころ日記・・・・・。

正直、大規模アップデートか、R30代ソロがもっと楽でウマウマにならない限り、やる気が・・・・・。

そんなわけで、今日も水冷PCネタだす・・・。

★★★

運悪く、調子の悪い(?)D5ポンプを2つも掴まされてしまった形のあちし・・・。

それでも使っているうちに、だんだんと異音がする時間が短くなり、ハンマーの使用頻度も減ってきて、少しずつ調子が上向きになってきたのですが、やっぱりどうにもD5デュアルのくせに水流に勢いが全く感じられないのが、非常に気になります。

そんなわけで、DDC3.2のデュアル用ハウジングを注文することにした・・・というのが、前回までのお話。

とりあえずEKのアセタルハウジングと、WaterCoolのアクリルハウジングを注文してみました。

んで、EKのアセタルハウジングを今回の記事では使用しました。

いろいろとパーツを追加して、マイナーチェンジした青PCがコチラ↓

Wc0100

電源の横、ケースの底にあるのが、DDC3.2ポンプ2個と、EKの直列デュアルハウジングです。ポンプ周りの配線処理は実験中につき、まだ適当なので汚いです。

ここまでくるのに、いったいいくらかかったんだろう・・・怖くて計算できないですw

DDC3.2の直列デュアル仕様ですが、水流の勢い、もの凄かったですw

あっというまに、エア抜きが終わっちゃうくらいの凄さ(^^;

見ていて気持ちいいくらいです。

この勢いを考えると、やはり私のD5ポンプは初期不良としか思えませんでした(´・ω・`)

DDC3.2ポンプ、やはりD5ポンプと比べると動作音がちょっとだけ大きいのが残念ですが、でも気に入ってしまいました。壊れるまで、ポンプはこれで確定かな?

Wc0101

今回、クーランスの排水用ドレインパーツを追加しました。

でもこれちょっと使いづらいです。

蓋を開けきる前に、クーラントが漏れ出すからです。

これなら、T字の分岐パーツを使用して、ケースの外にまで排水用チューブを引っ張り、先に栓をした方が使い勝手が良さそうです。

Wc0102

クーランスの流量計も追加しました。

水が流れると、流量計の中の黒いパーツがクルクルと回転します。

DDC3.2の直列デュアル仕様だと、このパーツが勢いよく、クルクルと回ります。

試しに、片方のポンプを止めてみたのですが、それでもゆっくりと回ります。

でも・・・私のD5の直列デュアル仕様では、電源投入直後に数回転するだけで、すぐに止まってしまいます(´・ω・`)

私のD5デュアル仕様は、どうやらDDC3.2ポンプ1台よりも揚程値が低いようです・・・。

DP-1200にも思いっきり負けてたしなあ・・・やはり初期不良だったのかなー?(´・ω・`)

Wc0103

あ!ずっと書くのを忘れていましたが、外部ラジエターとの接続を、ボールバルブ4つから、シャットオフバルブ2個に変更しました。

また、90度以上曲がって接続しているパイプには、折れ防止用のスプリングを装着しました。

★★★

そんなこんなで、青PCのポンプはDDC3.2の直列デュアル仕様で落ち着きました。

これならポンプが故障等で片方止まっても、パーツの熱暴走を抑えられます。

また、ASUSのProbeIIソフトを入れて、常にポンプの回転数を監視する設定にしました。

クーランスの流量計は、水流の抵抗にしかならないと思うので、次回仕様変更orメンテ時にはずしてしまうつもりです。

★★★

一方の赤PCですがー

こちらもDDCのデュアル仕様に変更するつもりです。

ただ、赤PCは青PCよりも、ラジエターやビデオカード用の水枕の数が少ないので、DDC3.2よりも能力が抑えられている(その分、静かだと思う)DDC3.15のデュアルにしてみようと思っています。仕様するハウジングはWaterCoolのアクリルハウジングの予定です。

あと、調子の悪かったHD6970のうちの1枚ですが、現在、空冷PCに装着し、延々と3D表示をさせてテストしています。昨晩の感じでは、どうやらコイル鳴きがおさまった感じでしたヽ(゚ー゚* )ノ

もしこのまま調子が良くなるようなら、赤PCに装着して2枚のCFにしようかな?と考えています。

おそらく次回の記事の内容は、赤PCのマイナーチェンジに関するものになると思います。

でわでわ、今日はこの辺で( ・ω・)∩

« 続・追手内要一・・・・・(T-T* | トップページ | 水冷PC そして空冷再び »