2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2011年1月16日 - 2011年1月22日 | トップページ | 2011年1月30日 - 2011年2月5日 »

2011年1月26日 (水)

水冷PC そして空冷再び

今日もまたPCネタ・・・

FF14は現在休止中です(ていっても課金してますけど・・・ってまだタダか(・∀・))

まずは水冷PCから~

★★★

一時期、水冷PCが3台に増殖していましたが、3台から2台に、そして今回、2台から1台に減らす事になりました。

やっぱり水冷PCは手間がかかりすぎて、複数台維持するのは大変です(´・ω・`;

他にも理由があるのですが、それは後述するとして~

そんなこんなで、赤PCをGAME PCへ改造する為、青PCのパーツをいくつか移植しました。

んで、出来たのがコレ↓

Rpc01

●赤PCスペック

M/B:RampageIII Extreme

CPU:Core i7 980x EE

RAM:Corsair Dominator DDR3-2000(DDR3-1333で使用してるけどw) 2GB x6

VIDEO:GeForceGTX580 x2 SLI

SSD:intel 160GB x2(2台でRAID構築)

HDD:W.D. 500GB 2.5inch HDD x3(3台でRAID構築)

BD/DVD:LG製10倍速BD(だったかなー?)

ポンプ:Laing DDC-3.15 直列で2個使用

ハウジング:Watercool Dual DDC-Case LT Acryl

リザーバー:Bitspower WaterTank Z-Multi 150

ラジエター:BlackIce SR1シリーズの120(背面)と240(天板上)、+外部に360が2個

M/B水枕:EK EK-FB RE3 Nickel

CPU水枕:Koolance CPU-360(Rev1.2)

Memory水枕:MIPS MCH4250 RAM COOLER 6 ´Corsair Edition´ Nickel POM

VIDEO水枕:Koolance VID-NX580

各種フィッティング:殆どBitspower製

クーラント:aquacomputer Double Protect Ultra 1 - red

パイプ径:ID(内径)3/8インチ OD(外径)1/2インチ

ケース:HAF922

フラッシュ無しだとこんな↓感じ

Rpc02

もうこれで水冷PCネタはしばらく一段落すると思うので、細かいスペックをカキコしました(*'-')

↓外部ラジエター

Rpc03

赤いファンが足りなかったので、少し前に使っていたエナのポリッシュファンを装着してみました(,,゚Д゚)∩

Rpc04

デュアルポンプとハウジング部分です。

DDC-3.2のデュアルにしてもよかったのですが、今回の私のPCの仕様なら、DDC-3.15のデュアルで必要充分な水流を確保出来ると思ったので、今回は動作音が少し静かな3.15をチョイスしました。今のところ、 とりあえず正解だったと思っています。

Rpc05

今回は、ビデオカードを専用のフィッティングで繋がずに、普通のフィッティングとパイプで試しに繋いでみました。

SLI用のケーブルに、マザボ付属の3way用基盤を使用してみましたが、今のところ、全く問題ないようです。

Rpc06

3way SLIはやめました。

私の使用用途では2枚でも3枚でも性能が変わらないからです。

GTX580の3wayは電源にも厳しいですしね~( ・ω・)∩

あと、16レーン+16レーンではなく、16レーン+8レーン+8レーンになるのがちょっと嫌だったので。

★★★

実は今回の記事の本題はここからだったりします。

前述しましたが、水冷PCを1台に絞りました。

水冷PCを1台に絞ろうと思ったのは、↓のようなパーツを購入したのがきっかけだったりします。

みなさんご存知の通り、P67チップセットは、X58チップセットよりもずっと省電力低発熱です!

また、1366CPUに対し、1155CPUも、大幅に省電力低発熱だったりします。

GTX580の空冷ファンもGTX480のものよりも遥かに効率が良くなり、静かになったらしいですし、

これを機に、空冷で青PCを組もうと思ったのです。

Bpc01

CPUが2600Kじゃないのは、売り切れてて買えなかったからw

まあ、私はHT技術が嫌いで、常時BIOSでHTを切って使用しているので、2500Kで全然OKだったりするんですけどね。

O.C.も4GHzで常用出来れば満足なので、おそらく2500Kでも余裕でしょう。

3次キャッシュが2600Kと比べると少し小さいのがちょっと残念ですが、こちらのPCのメイン用途はPT2用PC&ネトゲの2PC用PCなので、2500Kでおそらく充分でしょう。

そんなこんなで、これらのパーツでトンテンカントンテンカン・・・・・。

んで、出来たのがコレ↓

Bpc02

CPUクーラーは、大分前に購入していた未使用の無限弐があったので、それを装着してみました。

CPUファンは、メモリ側に装着し、Pushで使用したかったのですが、メモリのヒートシンクの高さが意外と高かったので、反対側にPullで装着してみました。

電源は1200wから850wに変更。

んで、とりあえず現在の青PCのスペックはこんな感じ↓になりました。

M/B:Asus P8P67

CPU:Core i5 2500K

RAM:G.Skill DDR3-1600 4GB x4

VIDEO:GeForceGTX580

SSD:Crucial C300 64GB x2(2台でRAID構築 SATA3 6G接続)

HDD:日立 500GB 2.5inch HDD (ネトゲ等インストール用兼テンポラリ用)

HDD:日立 2TB 7200rpm 3.5inch HDD x2(RAIDではない PT2録画用)

BD/DVD:LG製10倍速BD(だったかなー?)

ソケット1155は、ミドルレンジ向けの規格ですが、押さえる所をうまく押さえて置くと、980x PCに匹敵するようないいPCが出来る、なかなかいい規格だと思います。

ただ、マザボのBIOSの熟成はまだまだ全然ダメですね~

P8P67でのO.C.のやり方がイマイチよくわかりません。(なんかいままでのマザボのBIOSとは、全然違ったものに変わっていた(・∀・;)

オートでO.C.させようとすると、なんか4.2GHzで立ち上げようとするし~(・∀・;

マニュアルで設定しても設定した倍率、無視されるし~(・∀・;

でもまあ、定格ならド安定なんですけどね(´・ω・`)

とりあえず満足のいくBIOSが出来るまで、あと数ヶ月はかかりそうな悪寒です(´・ω・`)

まあ、ソケット1366の後継であるソケット2011なPCが出るのは来年みたいだし、それまでマッタリとソケット1155なPCを楽しみたいと思います(,,゚Д゚)∩

ソケット1366以来、久しぶりにポテンシャルを感じる規格かも!?>>ソケット1155

まあ、間にソケット1156しかないけど(・∀・)

« 2011年1月16日 - 2011年1月22日 | トップページ | 2011年1月30日 - 2011年2月5日 »