2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »

2011年2月12日 (土)

久しぶりにFF14ネタです

まあ、半分以上、ツイッターでつぶやいたことのコピペですけどねcoldsweats01

(スクエニさん!もっとネタになるようなアップをちょーだい!w)

先日、3連休に気をよくし、久しぶりにFF14にINしてみました。

久しぶりにINしただけあって、神符やアニマもフル回復ヽ(゚ー゚* )ノ

これだけでもちょっと嬉しかったです( ̄ー ̄)

1.15aアップデート後、初狩なのですがー

(1.15aアップデートについてはコチラ→http://lodestone.finalfantasyxiv.com/pl/topics/detail?id=aef3ad632770638a055ed4f91397c3194441fff2)

R30キャラ、2アカでリーヴリンク、神符を使って、MOB1匹に対し、R20☆5リーヴ、R30☆2リーヴ、それぞれ修練が大体300~510位。R30☆3リーヴで修練500~550ももらえました。以前の倍以上、修練が入っているような・・・。
パッチ情報ではR20~R23までの修練に手を加えたと書かれていたと思いますが、R30代にも手が加わったようですね(*'-') 8リーヴプレイし、マイアとぽげちゃんの剣術と幻術がそれぞれ1個ずつ上がり、さらにNEXTの半分近くまでいったかな?
これならマッタリとR40目指してもいいかも(^^

あ!そうそう!マイアの剣術ですが、R30の剣術クエをクリアすると剣術ギルドからギルドトークンで購入できる技(確かランペールだったかなー?)を使ってMOBを狩ってみたのですが、これがまた非常につおい!!

剣術士のスラッシュ系の攻撃は命中率が低く、そのせいで戦闘のリズムが悪かったのですが、ランペールは突き系の攻撃だからなのか、とにかく殆どの攻撃が命中してくれる感じです。素早い敵にもバシバシ命中します!

突き系の攻撃の為、隙も少なく、MOBのHPがガンガン減っていきます!ヽ(゚ー゚* )ノ

アクションゲージの消費量もヘビースラッシュなどと比べると遥かに少ないため、ランペールを攻撃の基本にしても全然OKな感じです。

ランペール連発で、大体、敵1匹半くらいアクションゲージがもつかな?

マイアのアクションゲージがなくなったら、ぽげちゃんが範囲ファイアIIでドッカーン!!って感じで気持ちいい狩りが出来るようになりましたヽ(゚ー゚* )ノ

今日の1枚↓

Ffxiv_1297406910_2
マイアを見上げるぽげちゃんの顔がなんかかわいかったので、パチリw
あ!そういえば!!
/display head off コマンドで、頭装備の見た目をOFFにする事が出来るようになりましたね!
ヒューマン♀には、似合う頭装備が殆ど無いので、非常に嬉しい機能です!
やっとチェラータの防御力を享受できるじぇいヽ(゚ー゚* )ノ

2011年2月 9日 (水)

こ・・・この任務は!?(@@クワッ

こ・・・この任務は!?(@@クワッ

Gno3_00_2

戦功1確定任務頂きました(。・x・)ゝ

くだらない記事で、ごめん・・・・・ネタ切れだす(´・ω・`)

2011年2月 6日 (日)

EK製パーツ・・・というより、アクリルトップでまとめてみた

少し前に、EK製のアクリルトップのCorsairメモリ用水枕を入手しました。

折角なので、EK製のアクリルトップなCPU用水枕も購入し、アクリルトップな水冷PCに改造することにしました。

そんなわけで、GTX570に使用していたEK製のGTX580用水枕(これもアクリルトップ)を570からひっぺがし、さらに、EK製のGTX580用のバックプレートも入手しました。

ついでだし、この際、EK製のSLIブリッジも使用してみることにしました。

そんなこんなで、GTX580用水枕を、GTX580に装着。

EKのSLIブリッジブロックを取り付ける為のアダプターも装着。

Wcpc001

さらにニッケルメッキのバックプレートも装着。

Wcpc002

そしてSLIブリッジブロックで3枚のGTX580を結合。

これもアクリル製があるといいのですが、発売されてないので、不本意ながらアセタル製です。

一番上のGTX580の基盤の色が下の2枚と違いますが、全てGALAXY製のGTX580です。

Wcpc003

ぶっちゃけ、私の環境(2560x1600)でFF14をプレイするのに、GTX580は3枚も必要ありませんが(2枚で充分)、EK製のSLIブリッジブロックのデュアル仕様には、隣接したPCI Express x16スロット用のものしかなかったので、仕方なく3wayに戻すことにしました。

例のsandy騒ぎで、GTX580が1枚余っちゃって、使ってなかったですしね・・・。

あ!ちなみに私が使用しているブリッジブロックはパラレル仕様の方です。(3枚同時に均等にクーラントが流れる感じの方です)

そんなこんなで、CPU用水枕と、メモリ用水枕と、GTX580を3枚、マザボに装着!

Wcpc004

ポンプはDDC3.15の直列デュアル仕様です。

ポンプのハウジングを、アクリルなWatercool製にするか、アセタルなEK製にするか迷いましたが、見た目を重視しました!(EK製でまとめたくもなりましたが、今回のテーマは可能な限り、アクリル素材なパーツを使うことですしね!)

チップセットの水枕、CPUの水枕、メモリの水枕を、同一メーカーで揃えたお陰なのか、前までの水枕よりもパイピングが綺麗に決まりましたヽ(゚ー゚* )ノ

Wcpc005

バックプレートがあるお陰か、なんかカッチリとした感じになったかも?↓

Wcpc006_2

そんなこんなで、クーラントを充填し、スイッチオン!!

Wcpc007

あ!今回から、PCケース天板上のラジエターと、背面のラジエターをはずすことにしました。

ただでさえ重いHAF922にラジエターを装着すると、非常に重くてケースの取り回しが悪いからです。

↓のように、ラジエターを完全に外部化し、HAF922とは、シャットオフバルブを使って接続させています。

Wcpc008

現在は↑のようなラジエター構成(BlackIceSR1シリーズの360x3)ですが、

近いうちにコレ↓

https://www.coolinglab.co.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=1001

に変更するかもしれません。

フラッシュを使ってパチリ!

Wcpc009

アクリルトップを多用した仕様にした為、クーラントの赤が非常に目立つようになりました(*´Д`*) カコイイ

Wcpc010

アクリルトップの見た目は好き嫌いあると思いますが、(私は好き。でも、メタリックでテカテカに輝くニッケルメッキも好きだったりします)

なんといっても、分解する時、水枕の内部にクーラントが残っているのかどうか分かりやすいのが便利で好きだったりします。

« 2011年1月30日 - 2011年2月5日 | トップページ | 2011年2月13日 - 2011年2月19日 »