2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« スカイリムで名前付NPCを蘇生してみた + 期間限定のmyどうも君をもらっておこう! | トップページ | 新PC環境構築ちぅ。。。 +メモリ不安定地獄(1/27追加有り) »

2012年1月23日 (月)

PCメインだけど+スカイリム+Zネタ

こん●〇は、今日は結構スーパーなマイアの中の人だす(*'-')

まずはちょこっとスカイリムネタから・・・・・

裸MODのCBBEがv3になったみたいですね(,,゚Д゚)∩

http://skyrimnexus.com/downloads/file.php?id=2666

早速、導入してみたところ、全体的にバランスがとれて完成度が上がってきた感じでした。

ちなみに私は、v3には、↓のテクスチャーを使っています。

http://www.skyrimnexus.com/downloads/file.php?id=6554

この2つを組み合わせることによって、v2(厳密にはv0_2)+CBBE4kテクスチャーから乗り換えてもいいかな?なんて思いましたが~

残念ながら装備の一部が欠けるように・・・

http://www.skyrimnexus.com/downloads/file.php?id=3654

↑がv3に対応してからかな?乗り換えるのは。

そういえば、ADECがようやく正式版になったみたいですね。

http://www.skyrimnexus.com/downloads/file.php?id=5390

ADECも結構いい装備が対応してきたし(興味のある方は、nexusでadecで検索してね!)

しばらくADECに浮気してもいいかもね。

あ!そういえば、昨日、ようやく新PCを組んだし、そっちをADEC仕様にしてみてもいいかも知れない。

★★★

そんなこんなでここからは新ハイエンドプラットフォームPCのお話

今回は流用パーツが2TBのHDDが1台だけなので、結構お金をかけますた。

新PCのマザボは、もはやお約束のASUSのR.O.G.シリーズのRampageIV Extreme。

最近はASRockのFatalシリーズも好きなんですけどね(*'-')

でも残念ながらソケット2011のFatalシリーズはまだ出ていないのでー(´・ω・`)

Img_0118

CPUは6コアの安い方。あくまでも間に合わせで購入しました。

次あたり、製造プロセスが変更されたモデルが出るんじゃないか?と予想中。

そしたらハイエンドCPUを購入するつもり。

Img_0121

メモリは8GBx8(DDR-1600 1.5v)の64GBで安定して動作して欲しかったので、かなり厳選して探しました。

特にショップが動作保証をしていたわけではありませんが、↓のメモリに決定!

8GBx4のセットを2つ購入しました。

このメモリのヒートシンクの透明部分、メモリへのアクセスがあると青く明滅するので、ちょっと新鮮です(*´Д`*)

Img_0123_2

ケースがCorsairの650Dなので、CPUファンは簡易水冷のCorsair H100にしようと思いましたが(ボルトオンで天板にラジエターをつけれそう←あくまでも予想ですが)、CPU周辺(メモリ等)への冷却を考え、今回は空冷のCPUファンをチョイスしました。

選んだCPUファンは、venom voodooです。

※) ソケット2011CPUには、CPUファンは付属していません

このCPUファンの取り付け方ですが、まずは↓のように、マザボに足を取り付け~

Img_0125_28

CPUファンに、金具を取り付け~↓

Img_0128_3

↑のビニールの保護シートをペリっとはがし~

CPUにグリスを塗ったら、CPUファンの金具の穴にマザボに取り付けた足を通し~

↓ワッシャーをつけ~

Img_0129_2

↓付属のナットをドライバーで取り付けて~

Img_0131_2

ヒートシンクフィンの横に2つのファンをパチンと取り付ければ完了です!

venom voodooは、作業が結構楽で、カッチリと固定出来る良さげなものでした。

購入したメモリモジュールと、venom voodooのファンとのクリアランスはギリギリでした(^^;

(ギリギリ干渉していない感じ)

というわけで、問題なく装着完了(。・x・)ゝ

Img_0132_2

上からみると↓のような感じに。

Img_0134

左右のメモリモジュールとのクリアランスは↓のような感じ。

ホントにギリギリ干渉しない位って感じ。

Img_0136

ビデオカードは、最新のRadeon HD7970をチョイス。

GeForce GTX480・ソケット1336・X58チップセットの頃は非常に発熱が酷かったので、本格水冷に手を出してしまいましたが、今回の組み合わせなら空冷で十分な気がします。

限界までO.Cするような人や、ビデオカードを複数刺す人は別だけどー

あちしはなんだかんだで、最終的に1枚に戻しちゃいますからね~( ・ω・)∩

ぶっちゃけ、FF14もスカイリムも、2560x1600の解像度でもGTX580(VRAM 3Gモデル)以上の性能があればあちし的には無問題ですし。

(人によっては、もっと性能が低いグラボでも満足すると思います。ただ、安いやつはVRAMが少ないので、どちらかというとそっちが足をひっぱりそー)

Img_0139

RampageIVには、ビデオカードのグラつきを抑える、↓のようなゴム足みたいなものが装着されていました。

Img_0140

サウンドカードも最新のCreativeのものをチョイス。

このカードはどちらかというと、出力性能よりも、録音性能を重視して設計されたものらしいです。出力性能は旧モデルの方が上だとかなんとか・・・

まあ、録音機能なんて滅多に使わないけど、折角なので(*'-')

Img_0142

そんなこんなで無事完成。

ドライブ類も大幅に変更しています。

システムドライブは、CrucialのSSD m4の256GBモデルを2台乗せてRAID0にしています。

※)m4のファームウェアには重大なバグがあります!過去記事を参考にして、ファームウェアのチェックをする事をオススメします。

http://maia.moe-nifty.com/maia/2012/01/post-0134.html

データドライブは、W.D.のHDD 3TBを新たに1台購入。

あと、スカイリムのバックアップ専用に、W.D.の2TBのものを載せています(流用品)

BDも今回は新規のものを購入Pioneerの最新規格のBD-Rに対応したものにしました。

あーあと、電源も新規に購入。銀石の850wのものにしました。

ピンボケと不必要なフラッシュで散々な写りですが、完成したPCがコレ↓

Img_0147

650Dのサイドカバーを付けるとこんな感じ↓になります。

venom voodooが結構ギリギリかな?

でも問題無く収納できましたヽ(゚ー゚* )ノ

Img_0149

その後、Win7をインストールしましたが、

どうもX79チップセットだと、Win7(SP1)に、SATA関連のドライバーが入っていないようです。

インストーラーが途中でCD-ROMドライブを見失います(´・ω・`)

事前にUSBメモリ等に、マザボに付属しているCD-ROMから、ドライバーをコピーしておかないといけないようです。

★★★

最後にZ33ネタをちょこっと・・・

調布の老舗Zチューンショップで入れてもらった車高調ですが~

入れた当初は、ホントに跳ねまくりで、特に首都高の繋ぎ目はかなり来る感じだったのですが、今日、首都高を走ってみたら、大分いい感じに落ち着いてきました。

ショップでも「スプリングの慣らしに、大体1000km位みてくださいね。」的な事を言われていたのですが、現在、250kmほど。さらに走り込めばもっと落ち着くのかなー?

なんかZがドンドン自分好みに近づいてきて、ホントに嬉しく楽しいです(*^-^*)

ちなみにZのエンジン特性(あとギア比もあるでしょうが)ですが~

HRエンジンはDEエンジンより高回転向けになっているとは言われますが、やはりエンジン特性は低回転トルク型のエンジンと言っていいと思います。

Z33,Z34はそもそも、北米市場がメインターゲットなので、アメリカ人好みのエンジン特性(ギア比)になるのはしょうがないと思います。

アクセルをドンと踏んでも、なかなか回転が上がってきません。ただ、低回転域からトルクが凄いので、ぶっちゃけ3500rpmまであれば、普段乗りには十分です。

(ゲーム的に表現すると、ダッジ・バイパーのエンジン的特性というかw ただ、ダッジバイパーと違って、スパッと曲がってくれますw)

料金所ダッシュや軽いスポーツ走行でも4500rpmあれば十分だったりします。

やはり回してなんぼな2000ccのターボエンジンとは特性が全然違います。

高回転で気持ちよくスポーツ走行をしたいならZ33は向かないと思います。

その代わり、Z33は低回転で長距離高速ドライブを楽々こなすのに向いていると思います。

ホントに高速は、楽だし楽しいですよ(=゜ω゜)ノ

逆に街中をチャッチャと走るなら、インプレッサWRX等の方が気持ちよく走れると思います(,,゚Д゚)∩

« スカイリムで名前付NPCを蘇生してみた + 期間限定のmyどうも君をもらっておこう! | トップページ | 新PC環境構築ちぅ。。。 +メモリ不安定地獄(1/27追加有り) »