2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2012年4月1日 - 2012年4月7日 | トップページ | 2012年4月15日 - 2012年4月21日 »

2012年4月11日 (水)

ツイッターでつぶやいた事ですがー

なんだかんだでGTX680を全部で5枚も購入してしまいましたorz

飛んでいく、あちしの諭吉さん30枚・・・(´・ω・`)

まあ、それだけGTX680を気に入り、そしてHD7970に絶望したわけですが・・・。

そんなわけで、今度こそ、やっと今年のメインPCの仕様が落ち着いたっぽいです。

11

結局、3wayに戻りました。

10

補助電源ケーブルの取り回し方は↑のような感じに変更しました。

GTX680は、上から、Asus GALAXY EVGA になりました。

私の用途(2560x1600でゲームをプレイしがち)だと、2枚挿しで十分な事はわかっているんですけどね~(´・ω・`)

消費電力や発熱も減り、カードサイズも小さくなり、3wayが非常に扱いやすくなりましたし、

Target Flame Rate を60に設定したり、Power制限したりも出来るっぽいので、3枚を低負荷で動かすなんて事も出来そうですし。

(今のところ、EVGA付属のユーティリティが扱いやすいです)

あと、なんていっても、空いているスペースは埋めたいという自作erの習性というかサガというか、自己満足というか~(´・ω・`)

まあ、消費電力が下がったといっても、締め切った部屋だと室温はミルミル上昇しますけどねw

でも、GTX480のSLIや、GTX580の3wayと比べればずっとマシな気がしないでもないかな?w

さすがにもう疲れたので、当分このままで行くと思います。

ひょっとしたら、電源を1200w物にかえる可能性はあるけどー

一方のセカンドPCですがー

こちらも完全にHD7970 CFXからGTX680 SLIに変更しました。

12

ブリッジケーブルが2つ付いていますが、気にしないで下さいw

特に意味はありません!ただ単に、無くさないようにする為ですw

Sebertooth X79のスロット構成が2枚挿し向きで良かった・・・

RampageIV Extremeタイプだったら、こちらも3枚挿しにしたくなっちゃうから(´・ω・`)

ちなみにこちらのGTX680は、上から、Asus MSIになっています。

部品が到着次第、こちらにも拡張スロット用のファンを増設する予定です。

これで完全にRadeonとおさらばした・・・・・かというと、決してそうではなかったりします。

iPhone用MusicサーバーPCのビデオカードが、くろしこのHD7750なので(,,゚Д゚)∩

スロット占有が1で、補助電源がいらないので、このビデオカードも人気ありますよね~(,,゚Д゚)∩

2012年4月 8日 (日)

PSO2 GTX680でちゃんとベンチしてみた

EVEオンラインでも、PSO2でも、スカイリムでも、どうやらGTX680の3枚挿しはオーバースペックのようですし、なんだかんだで発熱で室温が上昇するし、地球には優しくないし~

あと、セカンドPCのHD7970がEVEオンラインやスカイリムでイマイチ安定動作しないという事もあり、メインPCのGTX680を2枚に減らし、1枚をセカンドPCにお引越しする事にしました。

もうHD7970には疲れたよ・・・(´・ω・`) 売っちゃおうかな?(´・ω・`)

そのお金で、GTX680をもう1枚追加して、セカンドPCもSLIに・・・・・。

(EVEオンラインでは、マップを長い間見てるとPCが完全フリーズし、長時間プレイをするとオブジェクトがちゃんと表示されなくなります)

そんなわけで、GTX680の3way SLIから、普通のSLIになった私のメインPCですが、まだシングルや、2枚挿しでのPSO2ベンチをやっていなかったので、いい機会なのでテストしてみる事にしたのですが、予想外の結果が・・・・・

ちなみに環境はこんな感じです。。。

Img_0386

前回UPした時との違いは、GTX680が2枚に減ったのと、

サウンドカードがRecon3Dに変更になった事、あとは冷却ファンを変更した事くらいかな?

Recon3Dはあまりいい印象が無かったのですが、

ちゃんとCreativeのコントロールパネルから設定をしたら、非常にいい感じになりました。

なにより、基盤が小さく、ヘッドフォンの内部端子の位置が私の環境ではベストポジションだったのが変更した主な原因だったりします。

やっぱり、ノイズ対策にシールドがあった方がいいかな?なんて思い、

メインPCとセカンドPC用にミドルレンジ用とハイエンド用のRecon3Dを新しく買っちゃった(*´Д`*)

前に購入したやつは、予備PCにまわしました!(無駄遣いしすぎ!)

Img_0373

・・・・・前置きが長くなってしまいました。

ここから本題ですヽ(;´Д`)ノ

●GTX680シングル(但し、ハード構成的には2枚挿しです。設定でSLIをOFFにしたものです)

Pso2_gtx680x1

前回同様、設定は最重にし、2560x1600のモニターでフルスクリーンモードでテストしています。

前回、3way SLIで20000ちょっとのスコアだったので、SLIの効率とかを考えると、

1枚だと8000~10000位かな?なんて予想していましたが、予想より微妙に低い感じ。

この時は3way SLIの効率が良くなったのかなー?なんて、ちょっと感心もしたのですがー

●GTX680 SLI(2枚挿し)

Pso2_gtx680x2

あれ?・・・って感じ。

3way SLIと同じか、若干高く、1枚と比べると2倍以上!

どうやら今回のPSO2キャラクリ体験版のベンチマークは、3way SLIには対応していないという事が、この結果から見てとれますが、

納得いかないのは、1枚と比べた時の跳ね上がり方です。

SLIの効率って、せいぜい1.6倍~1.7倍くらいじゃなかったでしたっけ?

2倍以上って、ちょっとありえないのですが・・・・・。

念の為、2枚挿しで、この後、数回ベンチマークをしてみましたが、大体安定して、20800~21800付近でした。

となると、1枚の時のスコアが低すぎるのでしょうか?

ひょっとしたら、ソフトウェア的に1枚殺しているのが良くなかったのでしょうか?

その辺も調べたいところですが、ちょっと時間がありませんし、何よりめんどくさいですw

とりあえず、うちの環境では、通常のSLI(2枚挿し)が一番スコアが良かったです。

●GTX680 3way SLI(3枚挿し)

Pso2_gtx680x3

これは前回の記事で載せたSSです。

この時も、何回かベンチマークをかけましたが、大体安定してこのような値でした。

でも、2枚挿しのように21000は超えなかったと覚えています。

んー現状のプログラムでは、通常のSLI(2枚挿し)が一番良さそうです。

ただ、スコアが5000を超えていれば快適らしいので、GTX680なら1枚で充分そうですけどね(*'-')

ここからはベンチマーク中に撮影したSSを何点か載せています。

Pso2_maia_bench0_2

↑ベンチマーク前半ラストのボス戦前のmyキャラ。

キャラメイクで保存した直後にベンチマークをすると、自キャラがベンチマークに登場するようになっています。

Pso2_maia_bench1

↑ベンチマーク前半部分の街中を走り回っているシーン。

Pso2_maia_bench2

↑ベンチマーク後半部分の冒頭シーン。


Pso2_maia_bench3

↑例のマスコット的、小動物も登場するようですねw

とまあ、あまりに不可解なベンチ結果なので、緊急更新しました。

みなさんの環境ではいかがですか?

★★★ 追記 ★★★

試しに、EVGAのGTX680に付属しているアプリケーションのTarget Flame Rateを60に設定し、上記で使用したPCでPSO2ベンチをやってみたところ~

(AsusのGTX680も問題なく設定できました。MSIのAFTER BURNERも、他社カードで動くし、ありがたいです!この辺がリファレンス設計カードのいいところですよね~)

スコアが21000から、2900まで落ち込みましたw

フレームレートはちゃんと常時60付近になりました。

快適スコアが5000以上という事を考えると、スコアの算定基準がわかりません(´・ω・`)

秒間60出てりゃ、充分快適じゃん!

実際のゲームは、もっと重いという事を暗に示しているのでしょうか?

« 2012年4月1日 - 2012年4月7日 | トップページ | 2012年4月15日 - 2012年4月21日 »