2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

« 2013年6月30日 - 2013年7月6日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »

2013年7月25日 (木)

第2次水冷PC計画進行中・・・(完成まで追記更新予定です)

実は大分前から、水面下でこの計画は進んでいたのですがー

海外から平行輸入しようとした、CORSAIRのケース(当時は日本未発売だった)900Dが

なかなか届かず~

その後、届いたのはいいけど、あまりにケースが巨大でやる気が無くなっていた為、

計画がおざなりになっていましたw

ここにきてやる気が再燃(FFXIVのβ4開始までには作りたいという情熱)したので、

数日前から、不足部品

120x4ラジエター2個、120x2ラジエター1個、大量のフィッティング関連パーツ、チューブ、クーラント、ポンプ、リザーバー、冷却ファン等を注文しました。

それと同時にメインPCがしばらく使えなくなるので、

サブPC↓の手直しやら、データ転送やらをして~

Img_0947

水冷PCの制作開始です!

まずはRampageIV Extremeと、i7 3970XにEKの水枕を装着。

水枕類は旬があって、いざという時に在庫切れになっている事が多いので、事前にこちらも平行輸入で入手していました。

Img_0955

CPUの水枕は特に問題なく装着完了しましたが、マザボの水枕は色々と問題が生じました。

マザボのロットの違い等のせいかもしれませんが、水枕と、X79チップセットが、そのままだと接触しないのです。

VRMの方も、水枕との間に若干の隙間が出来てしまいます。

チップセットの方は、サーマルシートを挟んで対応、VRMの方はサーマルシートを2枚重ねにして対応しました。

実はこのRampegeIV Extreme、わざわざ新たに購入したものなのですが、ひょっとしたら、現在、メインPCで使用している古い物を使った方が水枕との相性がいいのかも知れません。

今週末辺りにその辺をチェックしてみようと思います。


Img_0958

↑はPalitのGeForceGTX TITANに、EKの水枕を装着したものです。

VRAMが裏表で24枚もあるので、1枚作るのに結構な労力がかかります。

今週末、コレをあと2枚作ると思うと・・・ダル~(・ω・)

Img_0954

↑ビデオカードの裏側。

当然、EKのバックプレートも装着しています。

VRAMが裏面にあるビデオカードですし、カードの歪み防止にもなりそうですしね!

水枕辺りは面倒とは言っても、結構楽しかったりもするのですが、

この後、ラジエター設置や、冷却ファンの設置、パイピング、ポンプやリザーバーの設置を考えると、あまりに先が長く、しんどいですw

場合によっては、ケースに穴開け加工とかしないといけなくなるので、電動ドリル等を用意しないといけなくなりますし、足りない長さのネジ等があったら、ホームセンター等で仕入れてこなくてはいけません。

水冷って、完成した時の達成感はあるけど、ホントに大変です!(・ω・)

ちなみに今でも、第1次水冷PC計画の最終完成品がそのまま別の部屋(物置とも言う)にラック毎放置されていたりw

今のところ水漏れはしていないみたいだけど、昔のフィッティング等を再利用するなら、Oリングは交換しないとね~

出来れば今回はプラグインタイプのフィッティングにしたいんだけど・・・。

Wcpc011_2

↑第1時水冷PC計画の最終バージョン

たぶん、今でも1戦級の戦闘力があると思う。ビデオカードはGTX580のSLIですね。

Wcpc012_2

↑最終的に、ラジエターは外置きになりました。120x9ラジエターです。

★★★

以下、07/26追記分 -------------------------------------------

帰宅後、メインPCをバラして古いRampageIV Extremeを取り出してみて、確認したところ、

新しいものと同リビジョンでした。

Win8や写真屋のアクチの事もあるし、マザボの水枕を古いRampageに移動する事にしました。

やはりこちらのRampageでも、水枕とVRMやチップセットとクリアランスを、サーマルシート等で調整してやる必要がありました。

んで、完成したマザボ、CPU、メモリがコレ↓

Img_0971

新しいRampageは、リーク事故発生時の予備部品としてとっておこう(´-ω-`)

その後、GeForceGTX TITANの水枕装着の続きをしました。

そして、かなりの労力をかけて、やっと完成(´-ω-`)

Img_0976

かっちょええ(*´Д`*)

まあぶっちゃけ、CPUパワー不足で、TITAN 3way-SLIの性能をフルに発揮する事なんて出来ないでしょうから、2枚で十分だとは思うんですけどねw

一部のベンチマークソフト位にしか役に立たないと思いますw

私は2560x1440で3Dゲームをプレイするので、2枚挿しまでは結構、意味があるんですけどね~(HD解像度までなら、TITAN 1枚でOKだと思います。)

ちなみにCPUは i7 3970Xで、4.5GHzで常用している感じです。

Img_0982

今回のブリッジはEKのトリプルパラレルにしました。

本当はトリプルシリアルが良かったんだけど、注文当時、EKに在庫が無かったんですよね~(/ω\)

まあ、直列デュアルポンプ仕様にする予定なので、水量的に大丈夫だと思うけど・・・。

●昨日、到着したブツ

・CORSAIRの電源AX1200i

・AX1200i専用スレーブケーブルセット赤

・12cm角ファン14個w

・12cm角ファンガード10個

・ファン電源ケーブル分岐コードの一部

●本日、到着予定のブツ

・ラジエター関連

・フィッティング関連の一部

。クーラント

・チューブ

・ポンプ

・リザーバー

これであらかた必要なものが揃うんだけど、水冷って後から色々と必要になる事が多いからなあ(´_ゝ`)

★★★

過去記事から、あちしが作成した水冷PC画像を掘り起こしてみた ---------------

●試作零号機的なもの

週刊アスキーの増刊か何かで本格水冷特集があって、それを参考にとりあえず部品を集めて作ってみた水冷PCです。自分的には、ラジエターの取り回し方も気に入らないし、パイピングにも美しさを感じられず、正直、失敗作でしたが、とりあえず無事に動いて一安心(*'▽')

Wc22

●試作零号機的なものを元に作った2台目の水冷PC

ラジエターの取り回しが若干スッキリし、ちょっと洗練されていますが、クーラント選びで失敗。全然赤くないやーん!!w

Wc26

●ビデオカードをシングル化し、水冷PCを3台に増やしていた時の赤号(メイン)

Pc10

●青号(セカンド)

Pc11

●緑号(サード)

Pc12

しばらくは以上の3台で、3PCでFF14をプレイしていたのを覚えています。

●余ったパーツで作った4台目(紫号)

上の3台はRampageIII Extremeを使用していますが、

こちら↓は、懐かしの名作、RampageII Extremeを使用して作った水冷PCでしたが、このPCはあまり使用しませんでした。

P1000760

●再びSLI化。水冷PCを3台から2台へ 赤号をバージョンアップしました。

リザーバーやポンプがより本格的なものになりました。

この頃から、パイピングが直線的になり、段々とエルボーの使用個数が増えていきます。


P1000800

メインラジエターを外部に設置(パソコンラックに固定)し、PCとラジエターを結ぶチューブにも一工夫するようになりました。

P1000807

●赤号を元に作成したセカンドPCの青号↓

P1000809

●第1次水冷PC計画の完成形が見えてきたバージョン↓

DDCのデュアルポンプ化をしてますね。

Wc0100

●赤号もほぼ完成形に

この頃はまだKOOLANCE製の水枕を多用していました。

Rpc01

●KOOLANCEからEK派に乗り換えたのがわかる水冷PC↓

この頃はセカンドPC以降を空冷に戻し、水冷PCはこの1台だけに。

GTX480からGTX580になったことで、大幅に発熱が減少。

ミドルレンジPCの新チップセットの発熱も低下、CPUも省電力、低発熱化した為、メインPC以外を空冷PCに戻したのです。

Wcpc009

そして、マイチェンして、例の最終バージョンになるわけですが~↓

Wcpc011_2

X79チップセットと、3960Xが出た時に、この水冷PCを封印しました。

ちなみにこの水冷PCは確か、X58チップセットで、980Xだったと思います。

というわけで、昔話はここまで~

つづく・・・。

« 2013年6月30日 - 2013年7月6日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »