2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

権利関係について

  • 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 2010年9月1日以降のFF14のカテゴリーの記事に使用されている画像の殆どは、上記会社に権利があります。
無料ブログはココログ

2009年9月26日 (土)

でんちゃんのリクエストネタ

でんちゃんに、私が所有しているPCのスト4ベンチマークのテストを依頼されたので結果を載せておきます。

ちなみにスト4ベンチマークはこちら↓ http://www.capcom.co.jp/sf4/pc.html

テストしたPCの簡単なスペックは以下の通りです。

1st PC: Core_i7 965 / GeForceGTX285 / 12GBメモリ / Vista64bit

2nd PC:PhenomIIx4 965BE / RadeonHD4870 / 8GBメモリ / Vista64bit

3rd PC:Core_i7 920 / GeForce9800GTX / 3GBメモリ / Vista32bit

4th PC:Phenom 9350e / GeForce9600GT / 4GBメモリ / Vista32bit

まずはデフォルト設定である、ウィンドウモード 1280x720 でテストしてみました。

St41 1st

St42 2nd

St444th

1st , 2nd , 4th 全てAランク取得。3rd PCはテストし忘れましたが、基本的に4th PCよりもずっと性能が上なので、全てのPCで問題なく動作すると思われます。

次に解像度を1920x1200(4th PCだけ接続しているモニターの関係で1900x1080です)にして、フルスクリーンモードでテスト。解像度以外はデフォルトのままです。

St41f 1st

St42f 2nd

St43f 3rd

St44f 4th

4th PC以外はAランクを取得しました。FPSもほぼ全域で60位でした。

さすがに省電力PCとして作った4th PCでは、この解像度はきつかったようです。

次はさらにアンチエイリアス(x8)をかけ、さらにシャドー関係やフィルター関係のOPをマックスまで上げてみました。たぶんですが、アンチエイリアス以外は一番重い設定だと思います。

St41fh8 1st

St42fh8max 2nd

St43fh8 3rd

1st , 2nd にはまだまだ余裕がある感じで余裕のAランクでした。

3rd PCは全域に渡り、FPSが55付近に落ちてしまい、Bランクとなりました。この後、アンチエイリアスをx4に設定して3rd PCをテストしてみたところ、Aランクになりました。

そんなわけで、3rd PCの構成では、1920x1200 各種OPをONで、アンチエイリアスx4でプレイするのが良さそうです。

最後にアンチエイリアスを一番重いモードにして、1st 2nd PCをテストしようと思ったのですが、ゲームの仕様なのか、ハードウェアの制限なのかわかりませんが、2nd PCの環境では、アンチエイリアスをx16モードに設定することが出来ませんでした。

しょうがないので、1st PC だけテスト

St41fh16max 1st

1920x1200 各種OPをON アンチエイリアスC16xQ という一番重いと思われる設定でもAランクを取得しました。

★ まとめ ★

やはりCore_i7と285GTXのパワーはなかなか凄いです。

でも、AMDのDragonプラットホームもかなり捨てがたい性能を持っていることが良くわかりました。

スト4ベンチマークソフトは、nVidiaのGeForceシリーズ向けにチューニングされているので、Radeonのスコアは伸び悩むと予想していたのですが、結果はそんなことはなく、285GTXと大差無い結果となりました。

ソフトウェア的な制限が原因なのか、ハード的なものが原因なのかわかりませんが、Dragonプラットホーム(2nd PCね)でアンチエイリアスx16のテストが出来なかったのは残念でしたが、見た目x8と差が殆ど無い(私の目ではわからないw)ので、あまり気にしなくていいと思われます。

コストパフォーマンスを考えると、1st PCよりも2nd PCのDragonプラットホームの方がはるかにいいので、スト4目的でPCを作るなら、AMDのDragonプラットホームでまとめるのがいいかも知れません。

ちなみにAMDのRadeonシリーズですが、先日、5シリーズが発表されました。

まだ市場には殆ど出回っていないようですが、1ヵ月後位には恐らく入手しやすくなっていると思われますので、それを狙うのが今は一番いいのかも知れません。

既存モデルの

HD4850は1テラフロップス

HD4870は1.2テラフロップスの性能があると言われていますが、

今回発表された

HD5850は2テラフロップス

HD5870は2.4(←ここちょっと自信なし)と言われ、

間違いなく、シングルカードで最強のGPUとされているので、性能重視の方は狙ってみてはいかがでしょうか?